総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

Author Archive
No.052 『わくせいキャベジ動物図鑑』tupera tupera著

No.052 『わくせいキャベジ動物図鑑』tupera tuper・・・

     傑作である。何が傑作といって、想像力が正しい方向を向いている。正しいか正しくないかはどうやって判断するかというと、それが細部にまでおよび、しかも無理を感じさせずに展開しているのならば間違いな […]
No.051 『うんこ!』サトシン・著 西村敏雄・イラスト

No.051 『うんこ!』サトシン・著 西村敏雄・イラスト

     なぜ子供はうんこが好きなのだろう。うんこ関係でちょっといいものだったら、ロングセラー間違いなしなのだから、あらゆる物書き・絵描きは一度は考えるべきではなかろうか。どーしても手を汚したくない、 […]
No.050 『えんとつの町のプペル』にしのあきひろ著

No.050 『えんとつの町のプペル』にしのあきひろ著

     『えんとつの町のプペル』はお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんの最新絵本である。絵本作家としてのペンネームは〝にしのあきひろ〟だ。『プペル』は三十万部近く売れ、Amazonの絵本ランキン […]
No.049 『シラユキさんとあみあみモンスター』アンネマリー・ファン・ハーリンゲン著 野坂悦子訳

No.049 『シラユキさんとあみあみモンスター』アンネマリー・フ・・・

     絵本の賞をいくつか受賞している。絵本のイラストがどうあるべきか、ということに一つの秀れた答えを与えていると思う。それはやはり「絵画」とは違う。テキストとともにあるものなので、テキストを拒絶す […]
No.048 『もりのなか』マリー・ホール・エッツ著

No.048 『もりのなか』マリー・ホール・エッツ著

     この本については、前に書かなかったっけ、とページを見返してしまった。なぜそんなことを思うのか。あまりに多くの人がこの本について言及していて、それが自分の言葉だったように勘違いするのか。そんな […]
No.047 『十二支の年越し』川端誠著

No.047 『十二支の年越し』川端誠著

     重厚感のある木版画ふうの絵が好ましい。年越しのイメージはこうであるべきだ、というものを体現している。どうやら絶版のようだが、このままで復活してもらいたい。何もかも、特に子供向けのものはサイズ […]
No.046 『不思議で美しい石の図鑑』山田英春著

No.046 『不思議で美しい石の図鑑』山田英春著

     あまりにも不思議である。飽かず眺めてしまう。いつまでも見ているのは、何か読もう、読みとろうとするからだが、相手は石だ。しかし石だから見ている。アートとしか思えない模様だが、固有のアーチストの […]
No.045 『原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録』加藤庸二著

No.045 『原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録』加藤・・・

     実に心惹かれる。これはどうしてだろうか。なぜ我々は島が好きなのだろう。それは日本が島国、と呼ばれることと関係しているのか、していないのか。大陸の国でも、岸に近い島、あるいは川の中洲をリゾート […]
No.044 『伝説の谷―信州鬼無里の伝承』ふるさと草子刊行会(編集)

No.044 『伝説の谷―信州鬼無里の伝承』ふるさと草子刊行会(編・・・

     長野県の鬼無里(きなさ)村周辺の伝説をまとめた郷土の本である。鬼無里という名の由来を推察するところからも、豊かな物語に満ちている。古来からの地名や言い伝えに想像が深まり、果てしなく広がりをみ […]
No.043 『都の子』江國香織著

No.043 『都の子』江國香織著

     特にレベルが高いとされる中学校の入学試験などで、俳句的な心性を問う、というのがときおり見受けられる。俳句の知識や鑑賞では必ずしもなくて、あくまで俳句的と思われるものへの感受性だ。季節感という […]
No.042 『なつかしい時間』長田弘著

No.042 『なつかしい時間』長田弘著

     20世紀から21世紀にかけて失われゆくもの、失ってはならないものを語るというものだが、それは結果であり、ときどきのエッセイを集めたものだ。ただ全体には確かに一貫した危機感が流れている。詩人は […]
No.043 『旅猫リポート』 有川浩著

No.043 『旅猫リポート』 有川浩著

     『吾輩は猫である』への言及から始まる。その意味では、通常の児童文学、絵本とは毛色が違う。週刊文春に連載されていた小説だから、もともとは大人が読者だった。位置付けとしては児童文学ということらし […]
No.042 『中国食物事典』 田中静一・編著 洪光佳・監修

No.042 『中国食物事典』 田中静一・編著 洪光佳・監修

     事典の快楽というものは確かにある。それはこの時代にも厳然として残っている、と確認できる。私たちは無限に広がる知識を求めているが、それは可能性として残されているものであってもよい。急を要する情 […]
No.041 『グラウンドの空』あさのあつこ著

No.041 『グラウンドの空』あさのあつこ著

     あの『バッテリー』シリーズを読んだら、他の作品も読みたくなるだろう。もちろん『バッテリー』に描かれていたのは、本などあまり読みそうにない少年たちで、またその作品のレベルからして本を読み慣れて […]
No.041 『雪だるまの雪子ちゃん』 江國香織著

No.041 『雪だるまの雪子ちゃん』 江國香織著

     雪子ちゃんは野生の雪だるまである。それからして、ある意味で虚をつかれる。野生のサルでもなく野生のリスでもなく、野生のイチゴですらない。野生の雪だるまである。いうまでもなく、雪だるまとは人が作 […]
No.040 『やっぱり見た目が9割』竹内一郎著

No.040 『やっぱり見た目が9割』竹内一郎著

     タイトルのインパクトについては、それが逆説に響くからだろう。本文中にもあるが、我々は、「見た目で判断するな」ということを小学校から刷り込まれている。民話にもボロを着た神さまを邪険にしてバチが […]
No.039 『こまった人』養老孟司著

No.039 『こまった人』養老孟司著

     時代の移り変わりというものは、必ずしも「いまどきの若いもん」によって表象されるわけではないと思う。むしろ「いまどきの年寄り」によって差異がより明確化しやすい、ということはないか。若いもんがい […]
No.039 『ファーブルの昆虫記』ファーブル著 大岡信訳

No.039 『ファーブルの昆虫記』ファーブル著 大岡信訳

     虫である。当然のことながら、虫の絵や写真があちこちにある。あまり嬉しいものではない。実際、誰もが知っている名著でありながら、皆が皆、読んだ記憶があるというわけでもなさそうだ。特に女の子であっ […]
No.038 『おさんぽ』江國香織著 イラスト・こみねゆら

No.038 『おさんぽ』江國香織著 イラスト・こみねゆら

     レースのスカートを手に入れたおんなのこは、さんぽに出ます。さんぽは絵本の見返しから始まっていて、装飾の文様が道行きを示すという、絵のあるテキストの愉しみの本質がいきなり示される。こみねゆらの […]
No.037 『カエルの王さま-あるいは鉄のハインリヒ』江國香織著 イラスト・宇野亜喜良

No.037 『カエルの王さま-あるいは鉄のハインリヒ』江國香織著・・・

     「カエルの王さま」は教訓や意図のわかりにくい話だ。それゆえ江國好みといえる。だが江國香織の多くの童話と同様に、ナンセンスというわけではない。江國香織のような強い観念ー逆説として示されるとして […]
No.034 『まあるいごはん』こぐれひでこ著

No.034 『まあるいごはん』こぐれひでこ著

     料理の絵本である。写真でなくてイラストであることで、今ひとつはっきりしないところがあって、それがかえってよい。このように出来上がらなくてはならない、という強迫感が薄いのだ。そもそも自分で食べ […]
No.033 『The Book Of The Bath』キャサリン・カナー著

No.033 『The Book Of The Bath』キャサリ・・・

     INAX 出版から発行されている、文字通り “ お風呂の本 ” の傑作である。どのように傑作かというと、絵のある本としてのテキストとヴィジュアルの他に、手触りといった皮膚感覚が伝わってくるの […]
No.032 『もうひとつの場所』清川あさみ著

No.032 『もうひとつの場所』清川あさみ著

     「地球でもっとも美しい、絶滅図鑑。」という、どこかで聞いたようなコピーなのだが、中身はそんなに狙い澄ましたものでも、よく見かけるようなものでもない。絶滅種や絶滅危惧種をもとにした幻想的なイメ […]
No.031 『いばらひめ』エロール・ル・カイン著

No.031 『いばらひめ』エロール・ル・カイン著

     とにかく美しい本である。そして本にとって美しいということは、どういうことかを示唆する。それは単純にゴージャスであっていいものではない。この本については色彩は鮮やかであってほしいが、目を奪うよ […]
No.030 『100万回生きたねこ』佐野洋子著

No.030 『100万回生きたねこ』佐野洋子著

     たいへん有名な絵本である。最近では、ミュージカルになるという。絵本の大ヒット作の常として、大人にもアピールするということがある。なぜアピールするかといえば、謎があるからだが、本作はさほど多様 […]
No.038 『ハッピーノート』草野たき著

No.038 『ハッピーノート』草野たき著

     児童文学というのは、何のためにあるのか。こういったものを読むたびに思う。つまらないわけではない。それなりに面白い。しかも子供にとっては未知のこと、役に立つだろう経験の先取りといった効用もある […]
No.029 『マンガでわかる微分積分』石山たいら・大上丈彦著/メダカカレッジ監修

No.029 『マンガでわかる微分積分』石山たいら・大上丈彦著/メ・・・

     文学を志す人、数学や物理のことなんか、とっくに忘れ去りました、という人々が大学を卒業するころになって「微積分って、なんだっけ」と言い出すことがある。それは三角関数でもなく、ベクトルでもなく、 […]
No.037 『ショートショートの広場』阿刀田高編

No.037 『ショートショートの広場』阿刀田高編

     中学入試に、星新一のショートショートが出題されたのは見たことがある。他の作者のものも次から次へと頻出する、という状況ではないようだが、今後はどうだろう。詩が出題されるのだから、ショートショー […]
No.028 『137億年の物語』クリストファー・ロイド著

No.028 『137億年の物語』クリストファー・ロイド著

     出版不況は久しいが、書物への根源的な期待、欲望は失われてはいないと思う。こういった本がベストセラーになったと聞くと、なおそう思える。私たちはすべてが書き尽くされた一冊の書物を求めているのだ、 […]
No.027 『アラビアンナイト博物館』国立民族学博物館/西尾哲夫(編集)

No.027 『アラビアンナイト博物館』国立民族学博物館/西尾哲夫・・・

     アラビアンナイトという言葉に、私たちは憧れとともに、なぜか郷愁を覚える。それで思わず手に取ってしまう図録である。もちろんそれによって、その文化が理解できたとは思わない。しかしこれは、アラビア […]
No.036 『無名仮名人名簿』向田邦子著

No.036 『無名仮名人名簿』向田邦子著

     エッセイの名手として、その作品はたびたび入試にも取り上げられるが、小学生などに読ませる場合には、どうしても子供の頃の思い出、また両親(向田邦子の場合は父親のこと)が中心となる。そしてそういう […]
No.035 『こころの処方箋』河合隼雄著

No.035 『こころの処方箋』河合隼雄著

     個別のカウンセリングでない、一般論を述べたものがピンとくる、自分に当てはまると思えるときと、そうかなあ、としか思えないときとの落差は大きい。前者の場合、まずその経験が自身のものに似ていると感 […]
No.034 『思考の整理学』外山滋比古著

No.034 『思考の整理学』外山滋比古著

     古い本である。しかし売れ続け、このところまた言及されることが多い。一種のハウツー本として、即効性を期待されている面もあろうか。が、方法論としては個人的にすぎるし、議論としてはやはり、やや時代 […]
No.026 『スイミー』レオ・レオニ著

No.026 『スイミー』レオ・レオニ著

     絵本と言えばこれ、というぐらい有名なものだ。日本語へは谷川俊太郎が翻訳している。少ない言葉だからこそ、過剰なものや足りないものがあってはならない。そして言葉は絵と響き合わなくてはならない。補 […]
No.025 『水の領分』詩・小原眞紀子 画・小原憲二

No.025 『水の領分』詩・小原眞紀子 画・小原憲二

     ザ・詩画集である。成立がなかなか難しいと言われている、あの詩画集だ。なぜ難しいかと言えば、詩と絵の創作者同士のエゴのぶつかり合いがいかんともし難いからだろう。ただ自分の方が目立ちたいという、 […]
No.024 『ファージョン自伝-わたしの子ども時代-』エリナー・ファージョン著

No.024 『ファージョン自伝-わたしの子ども時代-』エリナー・・・・

     「絵のある本のはなし」で、何冊もその作品を取り上げているイギリスの女流作家、エリナー・ファージョンの自伝である。しかしなにせ〝あの〟ファージョンの手になる自伝である。わたしたちが思い浮かべる […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.