Interview of gold fishes 第21回『ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(前編)』をアップしましたぁ。日本のロックのレジェンド・バンド、ザ・ゴールデン・カップスのインタビューをお贈りします。

 

ザ・ゴールデン・カップスは1966年結成で、結成時のメンバーはデイヴ平尾(2008年に死去)、エディ藩(ばん)、ルイズルイス加部、ケネス伊藤、マモル・マヌーさんの5人でした。その後のメンバー交代で、ミッキー吉野、林恵文、アイ高野、柳ジョージ、ジョン山崎さんが加入しました。1972年解散ですが2003年に再結成し、映画『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』(2004年公開)も制作されました。今回は2017年3月3日のデビュー50周年記念コンサートのリハーサル中にインタビューさせていただきました。

 

少しずつインタビューや本が出版されていますが、日本のジャズやロックが本格化したのはGHQの占領以降です。ポピュラーミュージックばかりでなく、現代音楽もそうですね。武満徹らがGHQの図書室に通い詰めてシェーンベルクなどの現代音楽を聴きまくったことはよく知られています。ロックの場合、横浜や横須賀のアメリカンスクールやクラブなどで演奏していたミュージシャンたちが、バンドを作って60年代以降のグループ・サウンズ時代を作り上げたりしています。ザ・ゴールデン・カップスもその一つですが、当初から洋楽と日本語ロックを取り混ぜた異色のバンドとして知られていました。

 

インタビューは前・後半でお送りしますが、前半はマモル・マヌーさん、エディ藩(ばん)さん、ルイズルイス加部さんのインタビューです。後半はミッキー吉野さんと、カップスのデビュー50周年記念コンサートにドラマーとして参加しておられた樋口晶之さんが登場します。なおインタビューは小原眞紀子、寅間心閑、星隆弘さんにお願いしました。じっくりお楽しみください。

 

 

■ Interview of gold fishes 第21回『ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(前編)』 縦書版 ■

 

■ Interview of gold fishes 第21回『ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(前編)』 横書版 ■

 

 

第05金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第0回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■