鶴山裕司さんの『Ongaku & Bungaku by Kingyo』『No.027 カーペンターズと赤いスポーツカー』をアップしましたぁ。カーペンターズの大ヒット曲『イエスタディ・ワンス・モア』が収録されたアルバムは『ナウ・アンド・ゼン』というタイトルで、フェラーリに乗ったカーペンター兄妹の写真がジャケットでした。1973年のリリースです。

 

鶴山さんは、『しばらく手に取って眺めただけなのに、そのアルバムジャケットは長く目に残った。(中略)赤いスポーツカーと白い家だけが印象に残った。どちらも僕の町にはなかったのである。僕の家の近くには、平屋建ての広大な社宅が広がっていた。社宅は一軒家で、雪国ということもあってぜんぶ三角屋根だった。屋根が平らな家は珍しかった。外壁が白い家もなかった。社宅には医者が住んでいて、古ぼけたフォルクスワーゲンのビートルに乗っていた。真っ黒な排気ガスを吐き出しながらノロノロと走っていた。まだ道路は舗装されていなくて、いつも砂埃を巻き上げていた。それが僕が見たことのある唯一の外車だった』と書いておられます。

 

鶴山さんはまた、『『イエスタディ・ワンス・モア』の歌詞をちゃんと読んで理解したのは、大学生くらいの時だった。漠然とラブソングだと思っていたのだがそうではなかった。正確に言うと〝あなたとわたしのラブソング〟ではない。ラジオから流れてくるラブソングに恋していた頃の私を、いとおしく眺めているような歌詞だ。純粋に歌に恋していたティーンエイジャーの私を懐かしんでいる。だからこの曲にはラジオと歌と私しか登場しない。その恋情は、どんな表現者も心の奥底に抱いている純な心だろう』と書いておられます。良質のエッセイになっています。じっくりお楽しみください。

 

 

鶴山裕司 『Ongaku & Bungaku by Kingyo』『No.027 カーペンターズと赤いスポーツカー』 ■

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)