日本が誇る世界的特殊作家、三浦俊彦さんの連載小説『偏態パズル』(第74回)をアップしましたぁ。偏態危機一髪は継続中なのですが、今回は珍しく私小説的な内面描写です。

 

 あ~あ。……

 ほんとにもう、それ聞いたとき、思わず辞書で調べてしまいましたよ、「いちおう」を。

 ひととおり。ひとわたり。大略。とりあえず。ひとまず。(中略)

 しかしいちおうはないだろういちおうは。

 「いちおうこれ」な学生証にはもちろん通学先の大学名が印刷されてる。

 大学名名乗るとき必ずアタマに「いちおう」を付けるのが口癖になってる人種でもなかったはずなのにな。君は。

 十分といえないが、最低限の条件は満たしている大学です、というわけだな。(中略)

 「身分証明証見せてもらえますか?」

 「十分といえませんが最低限の条件は満たしているこの大学です」

 ……。

 殺すよ?

 いくら世間知らずの君でもだな。

 

けっこうシビアな内面描写です。ある程度の社会的地位のある人が覗きとかで捕まると、こういふ内面になるんでせうね。でもこういう箇所に三浦センセの高い社会性がよく表れてるなぁ。ホントに世間知らずの人は、『いくら世間知らずの君でもだな』とは書けないのでありまふ(爆)。

 

んで今回の後半のフラグメンツは、『偏態パズル』の読者の皆様にはおなじみの、おろち譚であります。なんか緊張した回が続いたのでホッとしますね(爆)。あ、石川、おろち系の趣味はなひのですが、おろち学を含めて人間の快楽原理って、永遠の常同性にあると思ふのです。その常同的な至福感が何によって揺さぶられ、壊され、でも続いてゆくのかが、『偏態パズル』といふ前代未聞の小説作品の醍醐味かもしれませんですぅ。

 

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第74回) pdf版 ■

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第74回) テキスト版 ■