偏態パズル_第92回_cover_01偏った態度なのか、はたまた単なる変態か(笑)。男と女の性別も、恋愛も、セックスも、人間が排出するアノ匂いと音と光景で語られ、ひしめき合い、混じり合うアレに人間の存在は分解され、混沌の中からパズルのように何かが生み出されるまったく新しいタイプの物語。

論理学者にして気鋭の小説家、三浦俊彦による待望の連載小説!。

by 三浦俊彦

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■ 蔦崎公一はこの大事件を起こす直前まで、ネット大喜利にておろち系の「お題」を出題していたことが確認されている。各回答の座布団枚数が事件の諸属性を反映しているものと見た当局による研究が重ねられたが、見かけ上の関連ほどの成果は得られなかったようだ。大喜利全文および座布団も蔦崎公一の自作自演という可能性はなく、回答者のIDもばらけていて、全員金妙塾とも蔦崎事件とも無関係であり、事件はこの大喜利とは独立に突発的に発生した模様である。とはいえ、蔦崎事件の秘密を暴く手掛かりが換喩的にはともかく隠喩的にはこの大喜利内に多数眠っていることは間違いない。あまりにわかりやすい座布団ばかりだという錯覚に惑わされて研究がかえって滞ったというのが蔦崎分野のおろち諸学特有の難点だが、トラップと補助線との相違が一本でも最終確認されたなら、おろち考古学史上最大級の成果と率直に認めるにやぶさかでない専門家は二三にとどまるはずがなかろう。

 

 

■ 拙裂きk. お題

       えっ、それがおろち神のすべり止め?

 

 拙裂きk. 決意を固めるには拳よりうんこが最適の道具であると確定した件

      (心ハ 拳も深呼吸も途切れず排便のための飾りです)

 

 うんこで泣ければ人生勝ち組も同然な件。

 

 飲食店でうんこを注文するのに必要なのは、常識だけである件。

1マイ

 

 飲食店で「うんこ」と注文するのに必要なのは、非常識のみであるが。

 

 うんこを笑うときはうんこを指さしてはならぬ件。

 ただしうんこを指さすときにだけ笑うのであれば大いに指さしなさい。

 

 うんこは便意の凝縮エキスな件。

 ただしうんこを希釈して便意がもとどおり回復することはめったにない件。

 

 最後の手段がうんこだという場合、たいてい、最初の手段がうんこだったのであろう件。

 

 専門家向けうんこはド素人にしか作れない件。

 

偏態パズル_第92回_01

 

 専門家向けうんこはド素人相手にしか効かない件。

 

 丸飲みとはうんこごと食うという意味であり、うんこごとに食ったのでは丸齧りにすらならない件。

2マイ

 

 自分の家系の裏を知らない者が多すぎる県。末代までの呪いを日々吸着しているうんこの功績を。

 

 その痕跡が影響とは見なされない唯一の物質はうんこである件。

 

 その余韻が波紋を呼び起こさないことになっている唯一の刺激はうんこである件。

 

 うんこは紙と本当に相性がよかったのか、水と風が異議を唱え始めているわけではない件。

 

偏態パズル_第92回_02

 

 うんこを見られたら、相手のうんこを見とがめるべしという規則がほとんど知られていない件。

 

 うんこを見透かされたら、相手のうんこを見届けるべき件。

 

 うんこすべき場所というのはうんこすべからざる場所の部分集合な件。

 

 うんこすべき場所はうんこしてよい場所の補集合の部分集合な件。

 

 うんこの色でその日の幸福度がわかるという事実がなぜか公表されない件。幸福の色でその日のうんこ度がわかるところまで技術が追い付いていないからだろうか。

 

 なぜうんこはいつまでたってもオリンピック正式種目にならないのか。おしっこがまだ採用されていないからな件。

1マイ

 

 末期癌に効く唯一奇跡の治療法は山登りである件。もちろんうんこの山限定で。

1マイ

 

 うんこするとき顔をしかめていませんか? しわ寄せは肛門には1%未満。残りは意外にも……と6点リーダーのままな件。

 

 うんこの形、うんこの色に比べて、うんこの音は不当に差別されていると思われる件。

 

偏態パズル_第92回_03

 

 うんこの味に比べてすらな件。

 

 うんこの臭い、でしょう。一番差別されているのは。なぜ臭だけ「い」が必要なのですか。な件。

 

 「の」を取れば平等になるようです。すべてを統括するのはうんこ熱とのことです。な件。

 

 うんこの断末魔を知っていますか? 和式から洋式に移って知られざる話が一つ増えたなあ。な件。

 

 うんこの表と裏を識別できますか? 「違うな」と思った側が正解な件。

 

 「うんこ」という言葉のせいで就職や昇進やプロポーズが台無しになったあなた、うんこそのものを使えば成功するはずな件。

 

 尻を拭かずにうんこを拭くようなものだ。涙を拭く行為は常に。な件。

3マイ

 

 目利きにウケるうんこに限って、耳寄りなうんこにはほど遠い件。

 

 うんこで簡単にツボってはいけない。まだしぶりが控えているかもしれないのだからな件。

 

 うんこのツボが浅い人に限って、人にうんこをツボ限定でさせようとする件。

2マイ

 

 地球の裏側でハリケーンを引き起こすうんこを心掛けたい件。

1マイ

 

偏態パズル_第92回_04

 

 見分けるESPの存在確率は意外と高い件。どのうんこがどのうんこの遺志を継いでいるのかと。

 

 なんということだ。きのう、いつうんこしたか記憶にないぞ!

 

 なんと、おとといもだ。

 

 あらゆる著作権侵害のうち最も悪質なのはもちろん、うんこのパクリである件。

 

 怪獣:うんこ=人間:怪獣 だからな件。ウルトラシリーズにうんこ怪獣が一体も登場しなかった理由は。

 

 ああ、これで死ぬのか。せめてあと十二三回はうんこしたかったなあ。な件。

 

偏態パズル_第92回_05

 

 うんこだらけとうんこまみれの区別が一秒以内でできれば一人前な件。

 

 いかなるうんこ熱もうんこ魂にもとづかなければ無意味でしょうが。な件。

 

 うんこといえども、世を堕落させることがある件。人を脱力させることもある件。話を脱線させることすらある件。

1マイ

 

 乳首<首筋<耳たぶ<肛門<脇の下<唇<睾丸<会陰<足裏<うんこ<陰唇<膣<歯ぐき<陰核<亀頭<尿道海綿体<前立腺……*性感帯として意外にもうんこが歯ぐきより下位であることが発見された模様。

 

 うんこ目線の人間学がこれまで難しかったのは、人間目線のうんこが多すぎたからな件。

 

 武士の情けの神髄である件。最後のうんこを見届けるのが。

 

 芸術家の嗜みの核心である件。最後のうんこを観察するのが。

 

 人生最大の達成である件。自他の最後のうんこをシンクロさせるのが。

10マイ

 

 うんこしながら死ぬのが、だれしも最大の野望。

 

 死にながらうんこするのは、だれしも見果てぬ夢。な件。

 

偏態パズル_第92回_06

 

 哲学者の方法の基本である件。最後のうんこの実在を確かめるのが。

 

 曲芸師の目標である件。最後のうんこで命の点滅をひっくり返すのが。

 

 相場師の理念である件。最後の便秘で最新の下痢を釣り上げるのが。

 

 うんこがこれほど貴重なのは、歴史上悲しみより笑いを多く引き起こした唯一の物質だからである件。

 

 怪獣がうんこに食われる現場は、放送コードに触れること甚だしい件。

 

 知らない人がいると大変なので断っておく件。うんこ怪獣の意味は、怪獣するうんこのことであって、うんこする怪獣という意味ではない。

 

 ほとんどの局面でうんこは手段でなく目的だから。うんこ占いが流行りそこねた理由の件。

 

 うんこーっ、と叫ぶ衝動に駆られにくい人は、体質的にうんこの温度が高い件。

 

 うんこの表面温度は、中心温度に反比例する件。

 

 うんこの表面色の彩度は、本人の幸福度の証明にはならぬ件。

 

 うんこは発見の対象ではない。創造の対象である。な件。

 

偏態パズル_第92回_07

 

 うんこのしっぽの曲率は、意外にも爬虫類のしっぽ曲率の分布と一致しないらしい件。

 

 うんこを泳がせるには、まずうんこだと自覚させねばならない件。

 

 羞恥心の根源はうんこだと思っている人は、羞恥心とうんこの両方を見くびっている件。

2マイ

 

 太陽が巨大なうんこであることが発見されても、うんこがすでに巨大な恒星でありうるほどではない件。

 

 「うんこマン」と「ウンコまん」があだ名として両立しない件。

 

 冷えたうんこは不吉の兆候。湯気立つうんこは不屈の象徴。凍ったうんこは賦活の表象。泡立つうんこも腐骨の帳票。飛び散るうんこは不潔な状況。

 

 うんこはほとんどの効果において最強の物質だが、なぜかおならにかなわない件。笑かしにおいてだけは。

 

 うんこで死ぬ資格があるのは、うんこが体質に反映されている人間のみである件。

12マイ

 

 うんこで正確な球面を作ることはできないらしい件。

 

偏態パズル_第92回_08

 

 「エンドレスエイト」に一度もうんこシーンが描かれなかったのは手抜きとしか言いようがない件。

4マイ

 

 うんこを燃料と本体と両方に使うのはやめておくべきらしい件。

1マイ

 

 ボイジャーが知的生命体に拾われる確率よりも、巨大うんこに衝突する確率の方が百桁ほど大きい件。

 

 ポッキーを何本溶かしても、尻拭き失敗に対処する練習にはならない件。

1マイ

 

 合法的に作れる兵器を「うんこ」に限定する件。あれは廃案になったのだろうか。

 

 廃案=うんこ案は安易すぎる件。

 

 うんこは実話の宝庫である件。

1マイ

 

 うんこの発酵につれて実話が逸話化する件。

2マイ

 

 最後のうんこで一発逆転は、最後の逆転で一発うんこの間違いでしょうという件。

 

 生きとし生けるもの、うんこ崇拝の波のまにまに揺れている件。

 

偏態パズル_第92回_09

 

 努力でうんこをうんこらしくできる件。健康的なうんこがうんこらしいとは真実なぶん健康なうんこがうんこらしいとは大嘘な件。

 

 

■ 蔦崎公一が括弧付きダークヒーローとして華々しく世を騒がせた前日、三谷恒明が死亡した。死亡状況はやや異様で、OLローントイレのかつての栄光を夢見たか初心からの再出発を期したか蔦崎事件のいわれなき予兆にただ遠隔的に揺り動かされたか「天然覗き小屋」の営業再々度準備中に完全密室仕様の覗き室床中央にて大の字になって死亡しており、着衣のままの腹部・胸部・手足には、すなわち顔面を除く全ての部位に山吹色~赤茶色~焦茶色の大便が盛り上げられていた。

 「ネオおろち」の犯行の反転図を思わせるが、というより正確に反転図なのであるが、なぜ三谷恒明の身体にネオおろちの皺寄せが灯らなければならなかったのかは不明である――未だにおろち文化史の解釈的謎の筆頭に数えられている。

 顔面・呼吸器・消化器は無傷で、死因は不明、「心不全」として処理されたが、見た目明らかな複数犯による他殺であり魅力的な密室殺人であったにもかかわらず単なる自然死として顧みられもしなかったのは、直後蔦崎事件がただちに波紋を引き起こして黄金系事件登録はもうたくさんというムードが捜査側に蔓延したことと、後のおろち学界への謎の確保提供という自然的流れの一環的意味が込められていたのであろう。

 現在のおろち学界と同じく当時のおろち犯罪捜査も全般に、相次ぐおろち系事件の符合や暗示的相関を前に、不必要な意味を読み取って背後の波動的操作主体を万が一にも喜ばせるような愉快犯幇助を避けたいという無意識的衝動に自らしばしその機能的進展を妨げられたのであった。

 トレーナー兼プロモーター三谷を失った袖村茂明は、――

(第92回 了)

 

* 『偏態パズル』は毎月16日と29日に更新されます。

 

 

 

 

 

 

■ 三浦俊彦さんの本 ■

天才児のための論理思考入門  下半身の論理学

 

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■