小原眞紀子さんの連載純文学小説『神違え』(第05回)をアップしましたぁ。非現実は現実逃避ではないんだなぁ。小原さんの『神違え』では、現実にのめり込めば込むほど、人間の中に非現実が生じてくることが鮮やかに描かれています。ただこの非現実、時に現実を変えるような力を持つことがあります。

 

 鈴丸守は難しい顔をしていた。

 「公園脇の御所宅に、か。跡でも尾けたのか」

 来林の長は頷いた。三日間を費やし、尾行したのだと言う。

 「もし、番台の大都との繋がりがわかったら、」

 それは俺が調べる、と守は長を遮った。

 「あの番台を選んだ責任がある。だから、あんたはもう」

 呪術を、と長はまた、わたしに懇願する。

 「A4用紙一枚分で」

 来林の長が言うには、わたしの呪術とは、ようはペーパーなのだった。

 住民を熱くさせ、興奮を巻き起こし、さらに判断を正当化し、それに賛成の者も反対の者も、じっとしていられなくなるアジテーションの言葉。浮き足だった住民が、自ら事故を起こしたり、あるいは起こった事故に憤ったり、何かと何かを結びつけ、あらぬ噂が湧き上がる。

(小原眞紀子『神違え』)

 

マンション管理会社の交代を巡る攻防が『神違え』の主題ですが、現理事長の『来林の長』は実績を残し、マンションに銅像が建つことを夢見ています。そのためにはマンションの歴史を綴った『年代記』も必要です。この構造、政治とか国家とか、マクロな社会にも当てはまりますね。んで実際に銅像が建ち年代記が完成して年月が経てば、それは多かれ少なかれ神話的になってゆくのですぅ。

 

 

小原眞紀子 連載純文学小説『神違え』(第05回) pdf版 ■

 

小原眞紀子 連載純文学小説『神違え』(第05回) テキスト版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■