金井純さんのBOOKレビュー『絵のある本のはなし』『No.044 『伝説の谷―信州鬼無里の伝承』ふるさと草子刊行会(編集)』をアップしましたぁ。長野県の鬼無里村周辺に伝わる伝承を集めた本です。けっこう山深い村なのですが、昔から伝承話には事欠かない場所です。今は高速道路と鉄道が物流のためのインフラになりましたが、昔は街道と川が大事だったので、鬼無里も交通の要所としてそれなりに栄えていたんでせうね。

 

金井さんは、『物語が穢れであるとまでは思わないけれど、ようするに人が棲むところに必ず生じるものが伝承なのだろう。それが一切ないのは、人語を語らぬ動物しか暮らしてこなかった山中や砂漠に相違ない。人が足を踏み入れれば、その場所にまつわる出来事が生じ、それが語り伝えられる。その出来事が肥大化し、その土地そのものの定義とされるのが伝説・伝承だ』と書いておられます。物語の初源について考えさせられる考察です。詩であれ物語、口承であれ、人が来て作られた物語が土地のイメージを決めてゆくわけです。

 

金井さんはそれについて、『私たち人だけが、その土地の現在とは違うところを見ようとする。土地の伝承とはすなわち私たちの来し方である。(中略)伝説・伝承が常に超常的なものに触れるのは、そのためである。(中略)神代に連なる物語は、それを伝える私たちもまた神代に連なることを保証するのだ。(中略)そうならば、土地が私たちに為すことにはすべて意味がある。それは私たちが土地に為したことに対する呼応であるはずだ。土地の伝説・伝承とは、私たちと土地とのコミュニケーションの記録である』と書いておられます。じっくりお楽しみください。

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)

 

 

金井純 BOOKレビュー 『絵のある本のはなし』『No.044 『伝説の谷―信州鬼無里の伝承』ふるさと草子刊行会(編集)』 ■