Interview:荒木経惟(1/3)

荒木経惟:昭和五年(一九四〇年)東京市下谷区(現・台東区)三ノ輪に生まれる。父・長太郎は「にんべんや履物店」を営む下駄職人。母は上州(群馬県)の人。東京都上野高等学校、千葉大学工学部写真印刷工学科を卒業後、電通にカメラマンとして入社。三十九年(六四年)写真集『さっちん』で第一回太陽賞受賞。四十六年(七一年)青木陽子と結婚。四十七年(七二年)電通を退職しフリーになる。平成二年(九〇年)陽子氏死去。二十二年(二〇一〇年)愛猫・チロ死去。陽子氏、チロの死の前後撮影した写真集『センチメンタルな旅・冬の旅』、『チロ愛死』が大きな話題を呼ぶ。二十年(〇八年)に前立腺癌の手術を受けるが現在も旺盛に活動中。オーストリア科学芸術勲章、毎日芸術特別賞など受賞多数。

 

 

 

 

ƒvƒŠƒ“ƒg横書きでもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。

 

 

 

 

 

■荒木経惟さん関連コンテンツ■

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■