kouji_koui_03_02

* 永田耕衣墨書作品「生死神通」。九十一歳の「旭寿」(耕衣の造語)以降の作品(著者蔵)

 

 

■『葱室』(昭和五十九年-六十年)■

餅膨れつつ美しき虚空かな

衰えは秋霜に在り(あま)照るも

父母(ちちはは)の昔の霜を踏みにけり

柚子の香や夢と思いて働く人

空蟬に肉残り居る山河かな

朝顔を秘するが如き命かな

父母未生以前の稲の花なりけり

わらんべの寂しさに在り炎夏翁

   田荷軒風騒

こわれずに在る空蟬の余命かな

   維摩経・方便品第二 賛頌

菜の花や此の身の(ひびき)の如く行く

   書漢、井上有一の死・六月十五日

(ろう)有一また出て()うぞ桐落花

金魚鉢我等死す事明らかなり

茄子の雨・雨の茄子でも(おな)じ事

葱室(そうしつ)やひつくり返る物も無し

少年を噛む歓喜あり塩蜻蛉

皆過去の眺めせりけり赤蜻蛉

葱屑の夢の水照(みで)りを眺め哉

死を以て逃亡と為す葱の国

逃亡も夢なり夢なり葱の国

 

■『人生』(昭和六十一年-六十三年)■

渇愛の葱葱と葱刻むなり

花茨忘も不忘も忘れけり

河骨や天女に器官ある如し

   土方巽・追悼追加一句

芍薬や難思ゆたかなる舞漢

   亡妻ユキヱに献ず

澄む水の平面遠き思いかな

この露と暫く居れば露となる

盤珪不生(ふしょう)臨済不滅冬日二個

白隠に参つたまる餅冬日達

餅白うして人間(じんかん)に怖れあり

   亡妻追憶品

遺影妻春や雲公してくるよ

春の道この滑稽な〈延び〉掴まね

空蟬の(なま)空機(うつき)の山河かな

今日雲公(こんにちうんこう)出ぬと申すに牡丹哉

   蘇東坡銘

撫子や我が死一点未完にて

   盤珪禅師銘

撫子や我迷わねば迷い無き

枯草を触るは燃ゆる心かな

我いずれ我をば失すお茶の花

秋霜や綺羅裡綺羅綺羅それでよい

触り合い藁塚動く世の怖さ哉

 

■『泥ん』(昭和六十三年-平成二年)■

薄氷が写さんとしき綾晩年

虻唸(アブナリ)ヤ放屁無クンバ人死ナン

火蛾の()(つい)の溺れの白湯哉

   新民俗学考

割箸は昔西日に供えしなり

白髪葱人生(ひとよ)(せい)のマンネリズム

橋の辺に箸割る音や秋の暮

満月の姥捨(おばすて)山の放屁かな

源流は其処で終つて春の暮

大晩春泥ん泥泥どろ泥ん

泥んまで行かねば淋し春の暮

色身(しきしん)()入り()れ入り夏景色

烈日の西日なりけり最晩年

蓮辨や神の顔剃る人現れぬ

人類を泥とし思う秋深し

翁行くまだ六歳の秋風と

冬*父ノ母ノ胎ニゾ還ラナン

雪景や老松途中如如途中

 

■『狂機』(平成二年-三年)■

洪水やご幣造りは亡父かな

濁を以て透徹と為す洪水記

   金子晋、即今野老足かけ九十一歳を狼頌するに《旭寿》の二字を発明す

女声蟇君(にょごえひききみ)かや我は旭寿翁

死んだかと問えば笑いつ鯰の死

鯰の死*生死(しょうじ)残像共に臭し

窮達の放屁いづこぞ秋の暮

   田荷軒狂風五位品 父林蔵に難便苦ありき・偲びて一句

今日(こんにち)亡父代りの脱糞とす露の世

老狐その尾(わい)に呉れんかい早う早う

文学を飼わば冬日の泥んなか

日日生死(ひびしょうじ)反復の贅薄氷

鴛鴦を眼下に如如(にょにょ)と野糞哉

死に遅れ猪と遊ばな桃の花

親しめば生死(しょうじ)泥どろ春の暮

人生の(だく)ゆたかなる牡丹哉

   平成三年五月十八日・第六回・詩歌文学館賞受賞・所感

白牡丹(わい)死んだんと違うんやな

薄氷の虚空に乱れ心在り

 

■『自人』(平成四年-七年)■

源流の貧をば喫す心延びて

源流の現実は(きょう)観念なり

老雪(ろうせつ)や無欲の欲が深くなる

大腿骨マル折レノ秋深キカナ

秋空も乾空乾(かんからかん)のむくろかな

云うたら()やろ季語もみな人類や

朝顔や(ふん)出ざれば無能なり

神に枯茄子の思い出水の如し

今日放屁一発も無し池暑し

朝顔や死神は少年であつて欲し

焼藷の金色荘厳食(こんじきしょうごんじき)なれや

人間(じんかん)の遠薄氷の時間かな

白蓮の虚空ぴたりの自人(じじん)かな

無眺めの無無の無の無や冬の海

白梅や天没地没虚空没

死心地(しここち)の肉体の夢梅の跡

 

■『未刊集・陸沈考』(平成七年-八年)■

自家倒壊の大地震難や白梅忌

カンカラと缶響くなり(から)初音

うぐいすや水田に水田が写つとる

枯草や住居無くんば命熱し

みな夢の()んなか遠し春の暮

有時(うじ)人生生死(しょうじ)共に多多や虚空蝶

   梅花父母

父恋が母恋なりき梅白し

父母(ちちはは)の忌は白梅に任せけり

梅花咲き出したというて泣きにけり

梅花とは何ぞ父母寂しき

或る日父母が居ないと思う梅花かな

梅花永らへて父母と同じき

泣かで泣く梅花挟みの涙かな

 

 

【付記】

 永田耕衣後期俳句全集である『永田耕衣俳句集成 只今(しこん)』(平成八年[一九九六年]沖積舎刊)から百句を選んだ。

鶴山裕司

 

 

 

 

 

安井浩司「俳句と書」展 【バーゲンブック】 増補 安井浩司全句集