Interview of gold fishes 第17回 新倉俊一『新しい詩を書くために(前編)』をアップしましたぁ。新倉俊一さんはまず英文学者として知られています。あの難解なエズラ・パウンドの『詩篇』(キャントーズ)の翻訳で有名ですが、エドワード・リアやエミリー・ディキンソンの素晴らしい翻訳もあります。石川は新倉さんのリア翻訳を愛読したなぁ。リアの詩は短いので、原文と突き合わせて読むこともできるわけですが、日本語に訳すのはけっこう難しい。新倉さんの翻訳を読んで、む~なるほど~と感心した思い出があります。

 

新倉さんはまた、詩人・西脇順三郎のお弟子さんで研究者でもあります。『評伝 西脇順三郎』などの労作を始め、たくさんの西脇論を書いておられます。ただ詩人として活躍し始められたのは遅く、最近になって『ヴィットリア・コロンナのための素描』と『王朝その他の詩篇』を立て続けに出版なさいました。英文学界の学匠詩人には安藤一郎さんなどがいらっしゃいますが、新倉さんの詩はひと味違う。知のバックグラウンドは英文学であり西脇詩であるのですが、新倉さん独自の詩の世界を構築なさいつつあります。

 

インタビュアーは鶴山裕司さんですが、詩の話しといっても詩人以外はチンプンカンプンの議論ではなく、詩と文学の〝王道(メインストリーム)〟に即した内容になっています。英文学に興味のある方にとっても楽しい内容です。じっくりお楽しみください。

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)

 

 

■ Interview of gold fishes 第17新倉俊一『新しい詩を書くために(前編)』 pdf版 ■

 

■ Interview of gold fishes 第17新倉俊一『新しい詩を書くために(前編)』 テキスト版 ■