kouji_koui_02_02

* 永田耕衣墨書作品「恋猫の恋する猫で押し通す」(著者蔵)

 

 

■『加古・傲霜』(昭和五年-十三年)■

日のさして今おろかなる寝釈迦かな

絵馬の蜂牡丹の蜂に混りけり

   昭和九年二月七日 父終焉 七十四歳

死近しとげらげら梅に笑ひけり

白蠟の己が灯に透く寒さかな

人ごみに蝶の生るる彼岸かな

尾を上げて尾のした暗し春雀

 

■『與奪鈔』(昭和十四年-二十一年)■

父祖哀し氷菓に染みし舌出せば

   昭和二十一年四月十一日 妻の母死す

田を区切る此世の畦や花茨

我が降ると言へば降り出す秋の雨

 

■『驢鳴集』(昭和二十二年-二十六年)■

夢の世に葱を作りて寂しさよ

恋猫の恋する猫で押し通す

かたつむりつるめば肉の食い入るや

朝顔や百たび訪はば母死なむ

行けど行けど一頭の牛に他ならず

うつうつと最高を行く揚羽蝶

緑陰のわが入るときに動くなり

老梅の隈なく花を著け終る

店の柿減らず老母へ買ひたるに

藁塚が藁塚隠す父亡きなり

母死ねば今着給へる冬着欲し

   昭和二十五年一月十七日 老母九十一歳

母の死や(つち)も布団も昔のまま

母の死や枝の先まで梅の花

夏蜜柑いづこも遠く思はるる

物として我を夕焼け染めにけり

吾が啖ひたる白桃の失せにけり

冬蝶を股間に物を思へる人

池を出ることを寒鮒思ひけり

いづかたも水行く途中春の暮

池の鯰逃げたる先で遊びけり

 

■『吹毛集』(昭和二十七年-三十年)■

水を釣って帰る寒鮒釣一人

天心にして脇見せり春の雁

藤房の途中がピクと動きたり

近海に鯛睦み居る涅槃像

後ろにも髪脱け落つる山河かな

(はらわた)の先づ古び行く揚雲雀

螢火を愛して口を開く人

新しき蛾を溺れしむ水の愛

 

■『惡靈』(昭和三十年-三十八年)■

新人や葵が使う時間の中

内側に音して蓮開きけり

死螢に照らしをかける螢かな

虎がこすったぬくい鉄棒味噌汁の中

泥鰌浮いて鯰も居るというて沈む

野遊びの児を暗き者擦過する

白桃の霊の白桃橋は成れり

秋雨や空杯の(くう)溢れ溢れ

鯊釣れば雨の神社に犬跳ねて

野を穴と思い跳ぶ春純老人

白桃を今虚無が泣き滴れり

夢みて老いて色塗れば野菊である

 

■『闌位』(昭和三十九年-四十五年)■

   戯作*偽一休自伝抄

淫乱や僧形となる魚のむれ

松見るに女身見る如し春の雨

抱きこめば女体虚空の匂いのみ

骸骨が舐め合う秋も名残かな

さよならをいつまで露の頭蓋骨

野菊道数個の我の別れ行く

少年や六十年後の春の如し

晩年や画餅を餅に起こすうぐいす

男老いて男を愛す葛の花

蛭の池濁るは池の娯楽かな

 

■『冷位』(昭和四十五年-五十年)■

見ることは隠るることや葉鶏頭

陽炎や我に無き人我を出る

我に逢う我を陽炎消しにけり

野渡りや殺佛殺祖秋茄子

白桃や我は不断に生れ居る

白桃を触らば道のうごめきぬ

大観念即大具体秋の暮

君無く我無き時共に薄見む

古池も無為も鯰と鯰のこと

晩年や夢を手込めの梨花一枝

 

■『殺佛』(昭和五十一年-五十三年)■

猪に露の事あり最晩年

金色は暮春泥鰌の浮寝かな

永遠が飛んで居るらし赤とんぼ

皆初代みな晩年の花見かな

人体に落花舞いこむ寂しさよ

コーヒ店永遠に在り秋の雨

金色の茗荷汁澄む地球かな

 

■『殺祖』(昭和五十三年-五十五年)■

古池をつらぬき濁る霰かな

雨蛙めんどうくさき余生かな

繰り返し氷の張るは恐ろしき

白桃の未だ重たき世なりけり

ひと飛びの長きすずめや秋の雨

我見るは土見るらんか秋の暮

白餅や我を待つ道またあまた

   高柳重信兄に

長生や口の中まで青(すすき)

夢の世や残花いつまで花の中

今日(こんにち)また無の事強し夏の風

薄氷や此処も彼処も永きゆえ

薄氷と遊んで居れば肉体なる

 

■『物質』(昭和五十六年-五十八)■

   八十一歳旦 所思

元旦や枯死淡淡の茄子三つ

葱は無く鮭や切身に世紀寒(せいきざむ)

ひる蛭と嬰児に還り往く我は

炎天や十一歩中放屁七つ

夢屑の夢びと芦花を渡り行く

どの道も見えて居るなり餅の味

物質に過ぎざる生や蠅の中

知己もみな物質春の道を行く

撫子や(つら)もて天地を撫でる人

秋の暮衰うるもの(すぐ)れつつ

追い越しし少年見えず秋の暮

葱汁や而今(にこん)天蓋こんじきに

 

 

【付記】

 永田耕衣全句集は数種類刊行されているが、『永田耕衣俳句集成 而今(にこん)』(昭和六十年[一九八五年]沖積舎刊)と『只今(しこん)』(平成八年[一九九六年] 同)によって、ほぼ全句業を通覧することができる。ここでは永田耕衣前期俳句全集である『而今』から百句を選んだ。

鶴山裕司

 

 

 

 

 

安井浩司「俳句と書」展 【バーゲンブック】 増補 安井浩司全句集