総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

討議&インタビュー
No.001 俳壇ってなに?

No.001 俳壇ってなに?

Interview:No.001 金魚詩壇 討議&インタビュー 金魚屋では新たに『金魚詩壇』というコンテンツを設け、短歌・俳句・自由詩の作品と批評を掲載していきます。その第一弾として、俳句同人誌『LOTUS』の皆さんに、 […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】 No.006 耕衣的〝悪霊〟

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】 No.006 耕衣的〝・・・

     まあ人間よ、よくお腹に手をあてて考えてみるがよいではないか。  君たちの迷いこむすべての道には悪魔という揚羽蝶が陰謀について酒をのみながら協議をしている古池の蛙の音のようにきこえてくるのだ。 […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.005 安井浩司〈前衛俳句論〉(下編)

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.005 安井浩司〈・・・

     ところで(中略)〈近代〉の中に俳句自体を膠化させてやまない一つとして、「私性」の問題があって(中略)この形式が完璧な虚構化=私性の無化、とでもいうべき普遍においてリアリティを得られるか。(中 […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.004 安井浩司〈前衛俳句論〉(中編)

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.004 安井浩司〈・・・

     安井浩司はインタビューで「重信の前衛俳句は、言語派というよりも、モダニックな美意識に支えられた俳句運動だったような気がします」と語っている。「モダン」(Modern)は「現代的」という意味だ […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.003 安井浩司〈前衛俳句論〉(上編)

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.003 安井浩司〈・・・

     安井浩司氏(以下敬称略)の俳句論については何度か書いたことがあるが、ここでは安井の評論『放物線の行方 加藤郁乎以後の俳句』を題材に、近・現代俳句史にも関わる総括的なレジュメをしたい。『放物線 […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】 No.002 永田耕衣俳句集成『只今』(後期句集)より百句 鶴山裕司 選(PDF版)

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】 No.002 永田耕衣・・・

      テキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。             & […]
【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.001 永田耕衣俳句集成『而今』(前期句集)より百句 鶴山裕司 選(PDF版)

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.001 永田耕衣俳・・・

      テキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。             & […]
No.006 安井浩司 永田耕衣を語る

No.006 安井浩司 永田耕衣を語る

Interview:安井浩司 安井浩司:昭和11年(1936年)秋田県生まれ、能代高校卒。高校生の時、青森高校の寺山修司、京武久美編集の10代の俳句同人誌「牧羊神」に参加。昭和34年(1959年)、永田耕衣主宰の結社誌「 […]
【大岡頌司 没後十年記念】大岡頌司 自筆略年譜(pdf版)

【大岡頌司 没後十年記念】大岡頌司 自筆略年譜(pdf版)

      テキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。               […]
【大岡頌司 没後十年記念】大岡頌司自選百句  付『昭和俳句選集』入集句・補遺本文(pdf版)

【大岡頌司 没後十年記念】大岡頌司自選百句 付『昭和俳句選集』入・・・

      テキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。               […]
No.005 【大岡頌司 没後十年記念】 酒卷英一郎 大岡頌司文学を語る

No.005 【大岡頌司 没後十年記念】 酒卷英一郎 大岡頌司文学・・・

Interview:酒卷英一郎 酒卷英一郎:昭和二十五年(一九五〇年)武州浦和に生まれる。水瓶座。十八歳頃より句作を始め、金子弘保氏の紹介で大岡頌司氏を始めとする前衛俳句作家たちを知る。大岡頌司氏に私淑して大岡氏唯一の弟 […]
No.004 【『安井浩司俳句評林全集』出版記念】俳句と批評について

No.004 【『安井浩司俳句評林全集』出版記念】俳句と批評につい・・・

Interview:安井浩司 安井 浩司:昭和11年(1936年)秋田県生まれ、能代高校卒。高校生の時、青森高校の寺山修司、京武久美編集の10代の俳句同人誌「牧羊神」に参加。昭和34年(1959年)、永田耕衣主宰の結社誌 […]
No.003 【大岡頌司 没後十年記念】 高橋龍、前衛俳句の時代を語る

No.003 【大岡頌司 没後十年記念】 高橋龍、前衛俳句の時代を・・・

Interview:高橋龍 高橋龍:昭和11年(1936年)昭和四年(一九二九年)、千葉県に生まれる。高梨花人に師事した後、昭和四十三年(一九六八年)に高柳重信主宰の「俳句評論」に参加し編集にも携わる。「俳句評論」週間後 […]
No.002 【大岡頌司 没後十年記念】 安井浩司、大岡頌司を語る

No.002 【大岡頌司 没後十年記念】 安井浩司、大岡頌司を語る

Interview:安井浩司 安井 浩司:昭和11年(1936年)秋田県生まれ、能代高校卒。高校生の時、青森高校の寺山修司、京武久美編集の10代の俳句同人誌「牧羊神」に参加。昭和34年(1959年)、永田耕衣主宰の結社誌 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.