総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

Author Archive
詩誌について

詩誌について

     レジュメとはいえ日本の商業詩誌について書くのは楽しくない。ひとことで言えば健全ではないからである。  日本の紙媒体の商業詩誌は、現代詩手帖、詩と思想、詩とファンタジーの三誌のみである。そして […]
大衆文芸誌について

大衆文芸誌について

     一九八〇年代頃までは、日本の小説は「純文学」「中間小説」「大衆小説」に区分されていた。その定義は作家や批評家それぞれだが、いかにも整理整頓好きな日本人らしい区分である。もちろん海外でも作品掲 […]
専門文芸誌について

専門文芸誌について

   専門文芸誌はSFやホラーなどに特化した文芸誌のことである。  もちろん文学界には純文学誌、大衆文芸誌などがある。純文学というジャンル、大衆文学というジャンルの枠組みに沿ってメディアは作品を掲載し、作家にも […]
カルチャー文芸誌について

カルチャー文芸誌について

 カルチャー文芸誌の定義は、このカテゴリに分類した雑誌名を見ればなんとなくわかるだろう。Papyrus、GINGER L。、小説TRIPPER、yom yom、J-novel、en-taxi、Feel Love、ジャーロ […]
大学文芸誌について

大学文芸誌について

 大学文芸誌はその言葉のとおり、特定の大学(あるいはその直轄外部組織)によって編集・刊行されている文芸誌である。「三田文學」「早稲田文学」「江古田文学」は一般流通に乗っているので大規模書店なら手に取ることができる。もちろ […]
文芸5誌について

文芸5誌について

 日本には純文学系の小説文芸誌が5誌ある。「文學界」「新潮」「群像」「すばる」「文藝」である。純文学自体は世界のどの国でも、その国の言語と精神風土を代表する文学作品のことである。いわば文学の中の文学だ。詩でも小説、評論、 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.