総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

原里実連作短篇
『レプリカ』(後篇)[縦書版]

『レプリカ』(後篇)[縦書版]

「作っちゃったんだ」「そうか、作っちゃったんだ」 元彼の奥沢くんはあたしのレプリカを連れていた。あたしと別れてから、あたし髪の毛なんかで作ったレプリカ。あたしのこと、そんなに好きなの? でもなぜ奥沢くんと別れちゃったんだ […]
『レプリカ』(後篇)[横書版]

『レプリカ』(後篇)[横書版]

「作っちゃったんだ」「そうか、作っちゃったんだ」 元彼の奥沢くんはあたしのレプリカを連れていた。あたしと別れてから、あたし髪の毛なんかで作ったレプリカ。あたしのこと、そんなに好きなの? でもなぜ奥沢くんと別れちゃったんだ […]
『レプリカ』(前篇)[横書版]

『レプリカ』(前篇)[横書版]

「作っちゃったんだ」「そうか、作っちゃったんだ」 元彼の奥沢くんはあたしのレプリカを連れていた。あたしと別れてから、あたし髪の毛なんかで作ったレプリカ。あたしのこと、そんなに好きなの? でもなぜ奥沢くんと別れちゃったんだ […]
『レプリカ』(前篇)[縦書版]

『レプリカ』(前篇)[縦書版]

「作っちゃったんだ」「そうか、作っちゃったんだ」 元彼の奥沢くんはあたしのレプリカを連れていた。あたしと別れてから、あたし髪の毛なんかで作ったレプリカ。あたしのこと、そんなに好きなの? でもなぜ奥沢くんと別れちゃったんだ […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.