総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

インタビュー
ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(後編)

ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(後編・・・

Interview:ザ・ゴールデン・カップス インタビュー(2/2) ザ・ゴールデン・カップス:1966年にヨコハマで結成されたロック・グループ。カップスはデビュー前に本牧のゴールデンカップというクラブで演奏していたが、 […]
ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(前編)

ザ・ゴールデン・カップス『ちょっと危うい時代に音楽の自由を』(前編・・・

Interview:ザ・ゴールデン・カップス インタビュー(1/2) ザ・ゴールデン・カップス:1966年にヨコハマで結成されたロック・グループ。カップスはデビュー前に本牧のゴールデンカップというクラブで演奏していたが、 […]
宙を行く創作の旅(下編)

宙を行く創作の旅(下編)

Interview:筒井康隆インタビュー(2/2) 筒井康隆:昭和9年(1934年)生まれ。同志社大学文学部で美学芸術学を専攻。展示装飾を専門とする会社を経てデザインスタジオを設立、昭和35年SF同人誌「NULL」(ヌル […]
宙を行く創作の旅(上編)

宙を行く創作の旅(上編)

Interview:筒井康隆インタビュー(1/2) 筒井康隆:昭和9年(1934年)生まれ。同志社大学文学部で美学芸術学を専攻。展示装飾を専門とする会社を経てデザインスタジオを設立、昭和35年SF同人誌「NULL」(ヌル […]
ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊

ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊

ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊 ミニー吉野:昭和46年(1971年)、東京世田谷生まれ。平成15年(2003年)に韓国ソウル弘益大学絵画科に入学し、平成17年(2005年)に同大学成績優秀奨学 […]
ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊

ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊

ミニー吉野個展 1月30日~2月4日 於・銀座スルガ台画廊 ミニー吉野:昭和46年(1971年)、東京世田谷生まれ。平成15年(2003年)に韓国ソウル弘益大学絵画科に入学し、平成17年(2005年)に同大学成績優秀奨学 […]
定型の中で自由であり続けること-短歌絶叫と挽歌

定型の中で自由であり続けること-短歌絶叫と挽歌

Interview:福島泰樹インタビュー 福島泰樹:昭和18年(1943年)、東京御徒町のガード沿いの大原病院で生まれる。父・信一郎は東京市下谷区入谷感応寺の住職。一歳の時に母・道江が病死。駒込学園中等部・高等部を卒業し […]
アングラ演劇を継ぐということ(下編)

アングラ演劇を継ぐということ(下編)

Interview:金守珍インタビュー(2/3) 金守珍:昭和29年(1954年)東京生まれ。東海大学電子工学部卒業後、蜷川幸雄スタジオに在籍。唐十郎主宰の状況劇場の公演を見て衝撃を受け、状況劇場に移籍する。状況劇場解散 […]
アングラ演劇を継ぐということ(中編)

アングラ演劇を継ぐということ(中編)

Interview:金守珍インタビュー(2/3) 金守珍:昭和29年(1954年)東京生まれ。東海大学電子工学部卒業後、蜷川幸雄スタジオに在籍。唐十郎主宰の状況劇場の公演を見て衝撃を受け、状況劇場に移籍する。状況劇場解散 […]
アングラ演劇を継ぐということ(上編)

アングラ演劇を継ぐということ(上編)

Interview:金守珍インタビュー(1/3) 金守珍:昭和29年(1954年)東京生まれ。東海大学電子工学部卒業後、蜷川幸雄スタジオに在籍。唐十郎主宰の状況劇場の公演を見て衝撃を受け、状況劇場に移籍する。状況劇場解散 […]
デプロマシーとアイデンティティ教育の必要性について

デプロマシーとアイデンティティ教育の必要性について

Interview:スワーダ・アル・ムダファーラ インタビュー スワーダ・アル・ムダファーラ:東京都立川市出身。高校卒業後、日本で職場結婚し娘をもうけるが離婚。カルチャースクールを開いていた一九七九年に日本主催の文化交流 […]
第一回『文学金魚大学校セミナー』開催記念インタビュー リード小説の意義について

第一回『文学金魚大学校セミナー』開催記念インタビュー リード小説の・・・

Interview:山田隆道インタビュー 山田隆道:昭和51年(1976年)大阪府吹田市生まれ。清風南海高等学校、早稲田大学教育学部教育学科卒。大学時代から放送作家として活動し始め、現在は小説家・エッセイイストとして知ら […]
新しい詩を書くために(後編)

新しい詩を書くために(後編)

Interview:新倉俊一インタビュー(2/2) 新倉俊一:昭和5年(1930年)神奈川県生まれ。慶応大学法学部卒、明治学院大学大学院修了、ミネソタ大学大学院修了。明治学院大学で長く教鞭を執り文学部長を勤める。エズラ・ […]
新しい詩を書くために(前編)

新しい詩を書くために(前編)

Interview:新倉俊一インタビュー(1/2) 新倉俊一:昭和5年(1930年)神奈川県生まれ。慶応大学法学部卒、明治学院大学大学院修了、ミネソタ大学大学院修了。明治学院大学で長く教鞭を執り文学部長を勤める。エズラ・ […]
日本文化の底流を流れるもの(後編)

日本文化の底流を流れるもの(後編)

Interview:馬場あき子インタビュー(2/2) 馬場あき子:昭和3年(1928年)東京都生まれ。日本女子高等学院(現・昭和女子大学)卒。少女時代から短歌に興味を持ち、歌誌「まひる野」に参加して窪田章一郞に師事。昭和 […]
日本文化の底流を流れるもの(前編)

日本文化の底流を流れるもの(前編)

Interview:馬場あき子インタビュー(1/2) 馬場あき子:昭和3年(1928年)東京都生まれ。日本女子高等学院(現・昭和女子大学)卒。少女時代から短歌に興味を持ち、歌誌「まひる野」に参加して窪田章一郞に師事。昭和 […]
モンスター文学を求めて(下編)

モンスター文学を求めて(下編)

Interview:三浦俊彦×遠藤徹 対談(2/2) 三浦俊彦:昭和34年(1959年)長野県生まれ。都立立川高等学校卒業後、東京大学文学部美学芸術学科を卒業。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学講座)教授。美学・ […]
モンスター文学を求めて(上編)

モンスター文学を求めて(上編)

Interview:三浦俊彦×遠藤徹 対談(1/2) 三浦俊彦:昭和34年(1959年)長野県生まれ。都立立川高等学校卒業後、東京大学文学部美学芸術学科を卒業。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学講座)教授。美学・ […]
光を当て、輝かせること(後編)

光を当て、輝かせること(後編)

Interview:宇野亞喜良(2/2) 宇野亞喜良:昭和九年(一九三四年)愛知県名古屋市に生まれる。父親は室内装飾家で母親は喫茶店「白薔薇」を営んでいた。名古屋市立西陵高等学校図案科を卒業後、カルピス食品工業株式会社に […]
光を当て、輝かせること(前編)

光を当て、輝かせること(前編)

Interview:宇野亞喜良(1/2) 宇野亞喜良:昭和九年(一九三四年)愛知県名古屋市に生まれる。父親は室内装飾家で母親は喫茶店「白薔薇」を営んでいた。名古屋市立西陵高等学校図案科を卒業後、カルピス食品工業株式会社に […]
ほぼありのままの荒木経惟(下編)

ほぼありのままの荒木経惟(下編)

Interview:荒木経惟(3/3) 荒木経惟:昭和五年(一九四〇年)東京市下谷区(現・台東区)三ノ輪に生まれる。父・長太郎は「にんべんや履物店」を営む下駄職人。母は上州(群馬県)の人。東京都上野高等学校、千葉大学工学 […]
ほぼありのままの荒木経惟(中編)

ほぼありのままの荒木経惟(中編)

Interview:荒木経惟(2/3) 荒木経惟:昭和五年(一九四〇年)東京市下谷区(現・台東区)三ノ輪に生まれる。父・長太郎は「にんべんや履物店」を営む下駄職人。母は上州(群馬県)の人。東京都上野高等学校、千葉大学工学 […]
ほぼありのままの荒木経惟(上編)

ほぼありのままの荒木経惟(上編)

Interview:荒木経惟(1/3) 荒木経惟:昭和五年(一九四〇年)東京市下谷区(現・台東区)三ノ輪に生まれる。父・長太郎は「にんべんや履物店」を営む下駄職人。母は上州(群馬県)の人。東京都上野高等学校、千葉大学工学 […]
戦後を貫く脚本家の視線(後編)

戦後を貫く脚本家の視線(後編)

Interview:山田太一(2/2) 山田太一:昭和九年(一九三四年)、東京浅草五区に生まれる。両親は大衆食堂を経営していた。小学三年生の時に縁故疎開で神奈川県湯河原町に転居。小田原高校を経て早稲田大学教育学部国語学科 […]
戦後を貫く脚本家の視線(前編)

戦後を貫く脚本家の視線(前編)

Interview:山田太一(1/2) 山田太一:昭和九年(一九三四年)、東京浅草五区に生まれる。両親は大衆食堂を経営していた。小学三年生の時に縁故疎開で神奈川県湯河原町に転居。小田原高校を経て早稲田大学教育学部国語学科 […]
芸術作品としてのポツダム宣言─レディメイド文学の提唱─

芸術作品としてのポツダム宣言─レディメイド文学の提唱─

Interview:三浦俊彦 三浦俊彦:昭和34年(1959年)長野県生まれ。都立立川高等学校卒業後、東京大学文学部美学芸術学科を卒業。和洋女子大学教授。美学・哲学の研究者で小説家。代表作に『M色のS景』、『この部屋に友 […]
伝統と現代(後編)

伝統と現代(後編)

Interview:観世銕之丞(2/2) 観世銕之丞: 昭和三十一年(一九五六年)、八世観世銕之亟静雪[静夫](人間国宝)の長男として東京に生まれる。本名・観世暁夫(あけお)。伯父の観世寿夫と父に師事。三十五年(五九年) […]
伝統と現代(前編)

伝統と現代(前編)

Interview:観世銕之丞(1/2) 観世銕之丞: 昭和三十一年(一九五六年)、八世観世銕之亟静雪[静夫](人間国宝)の長男として東京に生まれる。本名・観世暁夫(あけお)。伯父の観世寿夫と父に師事。三十五年(五九年) […]
辻原登 小説文学を語る(後編)

辻原登 小説文学を語る(後編)

Interview:辻原登(2/2) 辻原登: 昭和二十年(一九四五年)、和歌山県印南町に生まれる。十代の頃から小説を書き始め、平成二年(一九九〇年)、『村の名前』で芥川賞を受賞。その後『翔べ麒麟』で読売文学賞、『遊動亭 […]
辻原登 小説文学を語る(前編)

辻原登 小説文学を語る(前編)

Interview:辻原登(1/2) 辻原登: 昭和二十年(一九四五年)、和歌山県印南町に生まれる。十代の頃から小説を書き始め、平成二年(一九九〇年)、『村の名前』で芥川賞を受賞。その後『翔べ麒麟』で読売文学賞、『遊動亭 […]
果てしない演技への旅 (後編)

果てしない演技への旅 (後編)

Interview:市原悦子(2/2) 市原悦子: 女優・声優。高校時代に演劇部に所属し、卒業後、俳優座養成所に入所。昭和32年(1957年)に俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』で舞台デビュー。同年、新劇新人推賞受賞。 […]
果てしない演技への旅 (前編)

果てしない演技への旅 (前編)

Interview:市原悦子(1/2) 市原悦子: 女優・声優。高校時代に演劇部に所属し、卒業後、俳優座養成所に入所。昭和32年(1957年)に俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』で舞台デビュー。同年、新劇新人推賞受賞。 […]
DiVaから日本語の詩(うた)が聞こえてくる-谷川賢作、DiVa新譜を語る

DiVaから日本語の詩(うた)が聞こえてくる-谷川賢作、DiVa新・・・

Interview:谷川賢作 谷川賢作: 昭和35年(1960年)、俊太郎と大久保知子の間に生まれる。玉川学園高等部卒業後、音楽家として活動し始める。映画『鹿鳴館』(昭和61年[1986年])で作曲家デビュー。平成8年( […]
詩と音楽への旅 (後篇)

詩と音楽への旅 (後篇)

Interview:谷川俊太郎&谷川賢作(2/2) 谷川俊太郎: 昭和6年(1931年)、哲学者で文芸評論家の徹三と母多喜子の間に生まれる。昭和27年(1952年)に処女詩集『二十億光年の孤独』で詩壇デビューする。抒情詩 […]
詩と音楽への旅 (前篇)

詩と音楽への旅 (前篇)

Interview:谷川俊太郎&谷川賢作(1/2) 谷川俊太郎: 昭和6年(1931年)、哲学者で文芸評論家の徹三と母多喜子の間に生まれる。昭和27年(1952年)に処女詩集『二十億光年の孤独』で詩壇デビューする。抒情詩 […]
音楽と絵画への旅 (後篇)

音楽と絵画への旅 (後篇)

Interview:ミッキー&ミニー吉野(2/2) ミッキー吉野: 1951年神奈川県横浜市生まれ。4歳でピアノを習い始め、10代から横浜本牧近辺の米軍キャンプなどで演奏を始める。17歳の時にゴールデン・カップスに加入し […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.