総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

寅間心閑『再開発騒ぎ』(PDF)
『再開発騒ぎ』(第01回)

『再開発騒ぎ』(第01回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
『再開発騒ぎ』(第06回 最終回)

『再開発騒ぎ』(第06回 最終回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
『再開発騒ぎ』(第05回)

『再開発騒ぎ』(第05回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
『再開発騒ぎ』(第04回)

『再開発騒ぎ』(第04回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
『再開発騒ぎ』(第03回)

『再開発騒ぎ』(第03回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
『再開発騒ぎ』(第02回)

『再開発騒ぎ』(第02回)

この町には黒ヒョウがマスターをしているバーがある。お客はシャム猫にフクロウ、アライグマ、コウモリ夫妻といった動物たちで、ヒトは僕だけだ。でも僕はこのバーになじんでいる。フクロウが言うように、僕はヒトでヒモでもあるからだろ […]
第2回 辻原登奨励小説賞受賞作 寅間心閑『再開発騒ぎ』 講評と受賞の言葉

第2回 辻原登奨励小説賞受賞作 寅間心閑『再開発騒ぎ』 講評と受賞・・・

講評 辻原登         受賞の言葉    今日まで、文学よりも音楽から多くのことを学んできました。  三歳で始めたピアノからは忍耐を、十三歳で始めたギターからは逸脱 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.