総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

樂月慎『色恋セラピー』
第1回 膝枕に雨音が

第1回 膝枕に雨音が

平穏な日常生活の中に潜む孤独と人恋しさ。普段のなにげない生活が、必死の努力で支えられていることを意識すればするほど、壊してみたい、どこまでも墜ちてみたいとつのってゆく不穏な自虐的欲望。 2005年、『陽だまりのブラジリア […]
第4回 逸脱路線図(下)

第4回 逸脱路線図(下)

桜井はパソコン販売会社の債権管理部で働いている。営業部からの配置換えで、いわば左遷だ。今日も彼は債権の取り立てに出かけていく。暴力と性欲を押し殺して生きる普通のサラリーマンとして。日常の狂気に取り憑かれたごくありふれた社 […]
第4回 逸脱路線図(中)

第4回 逸脱路線図(中)

桜井はパソコン販売会社の債権管理部で働いている。営業部からの配置換えで、いわば左遷だ。今日も彼は債権の取り立てに出かけていく。暴力と性欲を押し殺して生きる普通のサラリーマンとして。日常の狂気に取り憑かれたごくありふれた社 […]
第4回 逸脱路線図(上)

第4回 逸脱路線図(上)

桜井はパソコン販売会社の債権管理部で働いている。営業部からの配置換えで、いわば左遷だ。今日も彼は債権の取り立てに出かけていく。暴力と性欲を押し殺して生きる普通のサラリーマンとして。日常の狂気に取り憑かれたごくありふれた社 […]
第3回 楽園の孔雀

第3回 楽園の孔雀

カクテルの名前はキス・イン・ザ・ダーク。闇の中で孔雀が、モスグリーンの煌びやかな羽を拡げてゆく。愛の純粋さと性の欲望が入り混じる・・・。 2005年、『陽だまりのブラジリアン』で第16回朝日新人文学賞を受賞した、気鋭作家 […]
第2回 靴、ズレ

第2回 靴、ズレ

回想の中に浮かび上がるもろくて淡い恋。それを脅かし、永遠の闇に連れ去ろうとする不穏な何者かの影。 2005年、『陽だまりのブラジリアン』で第16回朝日新人文学賞を受賞した、気鋭作家による幻想と狂気の新たな恋愛小説! by […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.