総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

小松剛生『僕が詩人になれない108の理由あるいは僕が東京ヤクルトスワローズファンになったわけ』
第01回 序文/君は軍曹/そのサメはビートルズのファンだった/小さじ一杯の答え

第01回 序文/君は軍曹/そのサメはビートルズのファンだった/小さ・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中にたったひとつしかない靴に

No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話

No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺し屋 (2)

No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室です

No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて

No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/(2)/(3)

No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する個人的なメモ

No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(1)/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(2)

No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない/Kさん宛の手紙

No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第019回 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/ある釘抜きの可能性(3)

第019回 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/あ・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第018回 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込めて

第018回 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込め・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第017回 英国式風(ふう)バランス理論/ミスチル的縄文時代について/靴下とアメリカ

第017回 英国式風(ふう)バランス理論/ミスチル的縄文時代につい・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第016回 千代の水たまり/信号機だけが残った/ショパン症候群に関する言行録

第016回 千代の水たまり/信号機だけが残った/ショパン症候群に関・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第015回 自販機の孤独/ジンベエザメとカルティエ/月

第015回 自販機の孤独/ジンベエザメとカルティエ/月

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第014回 もしも世界中の勘違いが犠牲フライだったなら/死体の石を思い出と呼ぶ理由について/トマトを食べる話、もしくは愛してると言うだけの話

第014回 もしも世界中の勘違いが犠牲フライだったなら/死体の石を・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第013回 悪魔のいる風景/存在感と喪失感のクリームパスタ/フランス文学の喪失

第013回 悪魔のいる風景/存在感と喪失感のクリームパスタ/フラン・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第012回 気まずいポテトサラダへの個人的復讐/ロマン銀行へようこそ/もう一度ポテトサラダについて

第012回 気まずいポテトサラダへの個人的復讐/ロマン銀行へようこ・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第011回 レジを打ち続ける弟の話/カラス女史のラブレター/ソルト君とじゃぐさん

第011回 レジを打ち続ける弟の話/カラス女史のラブレター/ソルト・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第010回 格段とカフェ/スノーマン・リベンジ/その姉弟がハットトリックを決める難易度

第010回 格段とカフェ/スノーマン・リベンジ/その姉弟がハットト・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第09回 気まずいポテトサラダの作り方/MOYOUGAE/そのボールはハヤシライスではありません

第09回 気まずいポテトサラダの作り方/MOYOUGAE/そのボー・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第08回 はんぺん/レモンパイを食べ損ねた男/今も世界のどこかで鍵が不足している

第08回 はんぺん/レモンパイを食べ損ねた男/今も世界のどこかで鍵・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第07回 忘れまじた/昼休み2012/理由工場アルペジオ

第07回 忘れまじた/昼休み2012/理由工場アルペジオ

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第06回 明治通りにある絶望/太る話/フルーツナイフの危機

第06回 明治通りにある絶望/太る話/フルーツナイフの危機

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第05回 かつて素晴らしき掃除機であったというSF/四回戦ボクサーの失敗/距離という名のロマン

第05回 かつて素晴らしき掃除機であったというSF/四回戦ボクサー・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第04回 バーバリの真実/羊飼いたちの沈黙/バケツを忘れる

第04回 バーバリの真実/羊飼いたちの沈黙/バケツを忘れる

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第03回 消し忘れたU/ポニーさんのひづめ/ホウレンソウ311

第03回 消し忘れたU/ポニーさんのひづめ/ホウレンソウ311

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
第02回 いつかハリケーンが来るまで/スカートをぶつけた日/明日、ミラノでは雨が降るらしいけど

第02回 いつかハリケーンが来るまで/スカートをぶつけた日/明日、・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.