総合文学ウェブ情報誌 文学金魚

私達の故郷は日本語です。金魚屋プレス日本版は、日本語で書かれるあらゆる文学の方向を見極め、私達の精神の行く末を照らす光りを見出そうとするものです。 金魚屋プレス日本版はその光りのすべてを広義の文学と呼びます。

金魚屋プレス日本版代表 齋藤都

Author Archive
No.034 三日月とスナフキン【H】

No.034 三日月とスナフキン【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.034 三日月とスナフキン【V】

No.034 三日月とスナフキン【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.033 アミを張れ【H】

No.033 アミを張れ【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.033 アミを張れ【V】

No.033 アミを張れ【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.032 熊が死ぬ前に【H】

No.032 熊が死ぬ前に【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.032 熊が死ぬ前に【V】

No.032 熊が死ぬ前に【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.031 四の向こうで【H】

No.031 四の向こうで【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.031 四の向こうで【V】

No.031 四の向こうで【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.030 洗面所の床からすこし上で【H】

No.030 洗面所の床からすこし上で【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.030 洗面所の床からすこし上で【V】

No.030 洗面所の床からすこし上で【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.029 タンス・タンス・タンス/メッシが恋をした日/ピーターはもういない【H】

No.029 タンス・タンス・タンス/メッシが恋をした日/ピーター・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.029 タンス・タンス・タンス/メッシが恋をした日/ピーターはもういない【V】

No.029 タンス・タンス・タンス/メッシが恋をした日/ピーター・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中にたったひとつしかない靴に【H】

No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中にたったひとつしかない靴に【V】

No.028 府中のヴォネガットへ/キツネをつかまえないで/真夜中・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話【H】

No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話【V】

No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺し屋 (2)【H】

No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺し屋 (2)【V】

No.026 キャベツ理論/コオロギと殺し屋 (1)/コオロギと殺・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室です【H】

No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室です【V】

No.025 ベランダに住む正義/ミントの話/ロンドンは今日も満室・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて【H】

No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて【H】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて【V】

No.024 一角獣/オモプラッタ/愚かさについて【V】

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/(2)/(3)【H】

No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/(2)/(3)【V】

No.023 貝の終わりとハードボイルド・ツイッターランド(1)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.002 あなたが泣けるもの②【H】

No.002 あなたが泣けるもの②【H】

     僕は他人に配りたくなるほど「泣けるもの」をもっている。  感動屋で泣き虫、それが僕だ。  あまり人に自慢できるようなものを持ち合わせていない人間だけど、とかく何かにつけてすぐ感動してしまう僕 […]
No.002 あなたが泣けるもの②【V】

No.002 あなたが泣けるもの②【V】

なにを読んで、見て、触れて泣いちゃったかは人によって異なるもの。人間の琴線を震わせる物や出来事は、おのずからその人の個性を表します。 そんなつい泣いちゃったモノ・コトについてのリレー連載エッセイです。 第02回著者 小松 […]
No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する個人的なメモ【H】

No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する個人的なメモ【V】

No.022 ハンガーの話じゃないんだ/通話/さけるチーズに関する・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(1)/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(2)【H】

No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(1)/ハリー・ポッターの曖昧なブルース(2)【V】

No.021 タコおじさんに捧ぐ/ハリー・ポッターの曖昧なブルース・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない/Kさん宛の手紙

No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない/Kさん宛の手紙

No.020 21世紀のカーペットバッガー/バカは逆立ちができない・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.019 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/ある釘抜きの可能性(3)【H】

No.019 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.019 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/ある釘抜きの可能性(3)【V】

No.019 ある釘抜きの可能性(1)/ある釘抜きの可能性(2)/・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.018 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込めて【H】

No.018 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
No.018 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込めて【V】

No.018 ま、ま、ま/24番目の潜水士/ラムレーズンより愛を込・・・

「詩人と呼ばれる人たちに憧れている。こんなに憧れているにもかかわらず、僕は生まれてこのかた「詩人」にお会いできた試しがない。・・・いつか誰かが、詩人たちの胸ビレ的何かを見つけてくれるその日まで、僕は書き続けることにする」 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.