小松剛生さんの連載ショートショート小説『僕が詩人になれない108の理由あるいは僕が東京ヤクルトスワローズファンになったわけ』『No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話』をアップしましたぁ。『コオロギと殺し屋 (4)』の『世界の終わりのあと、自分ひとりだけ電話ボックスに閉じこもっている。扉の向こうでは作業員の男たちが何やら話し込んでいる。』っていう記述はいいなぁ。なんてことはないんですが、魅力があります。

 

 もうひとつ、彼女との思い出について書こう。

 彼女は犬を飼っていた。

 名前をクリント・イーストウッドといった。

 「なんでそんなめんどくさい名前にしたの」

 クリント・イーストウッドはちっとも僕に懐いてくれず、彼女の足元に寝そべりながらちらっとこっちを見たかと思うと、目を閉じた。

 「泳げるから」

 「泳げると、どうしてクリント・イーストウッドなの」

 「昔、そんな名前をした豚がいたから」

 その豚は泳げたらしいから。

 僕がすべてを理解できたとはとても思えないけど、それは彼女なりの世界を記述する方法だったのかもしれない。

(小松剛生『傘を書かない世界の話』)

 

これはもう、小松さんの独壇場ですね。俗から聖への飛躍があります。

 

んで第4回金魚屋新人賞の締め切りが近づいてまいりました。来月3月31日締め切りです。金魚屋新人賞はジャンル制限なし、枚数制限なしの新人賞です。この要項自体、金魚屋が新人の皆様に求める新しさのメッセージです。また新しい才能に出会えるのが楽しみです。ご応募お待ちしております。

 

 

小松剛生 連載ショートショート小説 『僕が詩人になれない108の理由あるいは僕が東京ヤクルトスワローズファンになったわけ』『No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話』 縦書版 ■

 

小松剛生 連載ショートショート小説 『僕が詩人になれない108の理由あるいは僕が東京ヤクルトスワローズファンになったわけ』『No.027 コオロギと殺し屋 (3)/コオロギと殺し屋 (4)/傘を書かない世界の話』 横書版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■