小原眞紀子さんの連作詩篇『『ここから月まで』 第12回 梯/群/碧』をアップしましたぁ。小原さんのCool抒情詩第12弾です。今回は『群』といふ詩篇でガロワが出て来ますな。そーいえば小原さんは、大学で数学を学ばれたんでしたな。ガロワはフランスの数学者です。ガロワさんは決闘で亡くなったと言われています。

 

この世界に生まれたときからの

逃れられないもの

気象予報士さながら

僕は掌を空にむける

匂いとは重さであること

重さとは湿り気であること

湿気の行く先は過去そのものだと

君に説きながら一瞬の

碧の重みにとらわれる

(小原眞紀子 『碧』)

 

小原さんの詩には、宙に抜ける抽象性のようなものが感じられます。それは大学で数学を勉強しようとした、元々の資質に根ざしたものなんだろうなぁ。きっちりとしたカテドラルのような論理性といふより、高度な抽象性ですね。岩成達也さんにちょいと通じるところがあるかもしれません。あ、これもそーいえば、小原さんの処女詩集『湿気に関する私信』の栞は岩成達也さんでしたねぇ。やっぱご縁があるんだなぁ(爆)。

 

 

小原眞紀子 連作詩篇 『『ここから月まで』 第12梯/群/碧』 縦書版 ■

 

小原眞紀子 連作詩篇 『『ここから月まで』 第12梯/群/碧』 横書版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■