鶴山裕司さんの連載エセー『続続・言葉と骨董』『第055回 魔法使いのクートラスおじさん(後半)』をアップしましたぁ。クートラスは『僕のご先祖様』と名付けたグァッシュや油絵作品を大量に描きました。この『僕のご先祖様』について鶴山さんは次のように書いておられます。

 

 クートラスが壁に掛かっているご先祖様の肖像画を、それを固定する額縁や壁ごと描き、時には彼自身をモデルにした肖像画を描いたのは、そこに居場所のないクートラスの居場所があったからだろう。クートラス作品にはほとんど動きがない。人や物は拭っても拭っても、拭い去れない傷のように描かれる。カルトはもちろん最良の『僕のご先祖様』シリーズでも、クートラスは完成してからそれに手を加え古色を付けようとした。骨董趣味ではない。動かしがたく消せもしない傷のような絵にしたいのだ。昔からそこにあって、普段は気にしていないが、なくなると寂しい作品にしたいのである。宗教画題であれ恐ろしく俗な画題であれ、クートラスにとってそれは聖痕だ。クートラス作品はヨーロッパ文化の基層的イマージュの反映であり、そこに新たな聖痕を付け加える作品でもある。

(鶴山裕司)

 

優れたクートラス論になっています。じっくりお楽しみください。

 

 

鶴山裕司 連載エセー『続続・言葉と骨董』『第055魔法使いのクートラスおじさん(後半)』 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■