日本が誇る世界的特殊作家、三浦俊彦さんの連載小説『偏態パズル』(第97回)をアップしましたぁ。オロチ・テロが続発するわけですが、当局はどーもそれを隠蔽し、圧殺しやうとしているやうです。だけんどおろち学会は当然それをも分析してゆきます。

 

 「どうせウンコだろ、とでもいうのですか」

 「他に調べるべきことが満載だった事件とはいえ……」

 「それが血液であれば、誰と誰の血液かということが詳細に特待されていたはずですがね」

 「どうせウンコだということで真剣に取り合われなかったと……」

 「どうせウンコ……」

 「血液であれば調べられたものを……」

 「どうせウンコ……」

 「いちおう死因をなしているのですから凶器ですよね」

 「どうせウンコ……」

 「まがりなりにも凶器なのに、ウンコだからと軽視されるのは……」

 「どうせウンコ……」

 「考えられない……」

 「どうせウンコ……。恐ろしい言葉だ……」

(三浦俊彦『偏態パズル』)

 

こういった箇所に三浦センセのおろち愛が溢れているなぁ(爆)。どんな世界にもプロ中のプロはいます。プラモデル作って収入を得ている人も日本には数人いるのです。何事も中途半端はいかん。極めることが重要であります。三浦センセはおろち学の権威なのですぅ。

 

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第97回) 縦書版 ■

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第97回) 横書版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■