%e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88_08_cover01「天の岩戸が開いた」。マンションの隣り、または上階の人々が権力と偉大さの幻想と重なり合い、暗黒の陰謀が重層化する。ご近所から世間へ、そして巨悪の足元へと、無意義の波はひたひたと押し寄せ、現実を歪めてゆく…。詩人にしてストーリーテラー、気鋭の批評家でもある小原眞紀子が、現代の日常にひそむ古代的心理を抉る傑作純文学小説。

by 小原眞紀子

 

 

 

%e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88%ef%bc%88%e7%ac%ac08%e5%9b%9e%ef%bc%89_01 %e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88%ef%bc%88%e7%ac%ac08%e5%9b%9e%ef%bc%89_02 %e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88%ef%bc%88%e7%ac%ac08%e5%9b%9e%ef%bc%89_03 %e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88%ef%bc%88%e7%ac%ac08%e5%9b%9e%ef%bc%89_04 %e7%a5%9e%e9%81%95%e3%81%88%ef%bc%88%e7%ac%ac08%e5%9b%9e%ef%bc%89_05

 

* 『神違え』は毎月23日に更新されます。

 

 

テキストで読むテキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。

 

 

 

 

 

■ 小原眞紀子さんの本 ■

メアリアンとマックイン 水の領分

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■