お待ちかね、小説ジャンル越境作家、仙田学さんの新連載小説『ツルツルちゃん 2』(第11回)をアップしましたぁ。『第四章 ジュニアとコラコラ問答(下)』篇です。イケチン君危機一髪の巻です。つーか羊歯ちゃん大活躍の回でもあります。

 

羊歯の頭は、なににも覆われていなかった。

なめらかな楕円体は日陰で育った植物のように青白く、埃ひとつ、指紋ひとつついていないゆで卵のように滑らかだ。

ひさびさに見た羊歯の頭は、全力でつるっつるだった。

鏡のように。

夕陽にほんのり紅く染まった頭の肌に、便所の風景が映っている。

並んだ便器に、個室の扉に、タイル張りの壁に、未来に、おれに、

池王子。

池王子の顔は、鏡のような、羊歯のつるっつるの頭皮のなかで、笑っていた。

田舎のおばあちゃんのような、ゼロ歳児のような、屈託のない笑顔だった。

池王子のこんな表情は見たことがない。

ってより、ここまで安心しきったひとの笑顔は見たことがない。

(仙田学『ツルツルちゃん 2』)

 

『ツルツルちゃん 2』では羊歯ちゃんがキーパーソンです。こりは面白い設定ですね。主人公の映一君は観察者として設定されていますが、物語全体を司るのは羊歯ちゃんです。『ツルツルちゃん 2』はぐるぐる小説で、主要登場人物の感情といふか恋心がすれ違いますが、羊歯はどーなんでせうね。続きが楽しみでありますぅ。

 

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第11回) pdf版 ■

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第11回) テキスト版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■