お待ちかね、小説ジャンル越境作家、仙田学さんの新連載小説『ツルツルちゃん 2』(第10回)をアップしましたぁ。『第四章 ジュニアとコラコラ問答(中)』篇です。未来ちゃんとイケチンの嵐を呼ぶプロレス対決本編です。

 

戸惑いながらも、未来は素早く体勢を立て直し、大きく脚を振りあげた。

足先がうなりをあげて、池王子の後頭部に迫っていく。

延髄切りだ。

池王子は頭を反らしてよけたかと思うと……

そのまま仰向けに寝そべった?!

意表を衝かれた未来はふらついた。

「なにがしたいんだコラ!」

「なにがコラじゃコラ! バカ野郎!」

「なにコラ! タココラ!」

コラコラ問答に突入しつつ、未来の足もとへ、池王子はローキックを放ってきた。

(仙田学『ツルツルちゃん 2』)

 

ケンカをして仲良くなるってことはあるものです。危機的状況になると、その人の本性のやうなものがわかるからでせうね。石川、仕事で追い詰められたとき、当時の同僚が『マジヤバくなったら逃げやう。仕事で命取られるなんてバカげてる』と言ったので、深くその人を信頼したことがごぢゃる(爆)。追い詰められてそんなことを言える人は、やっぱマジメなんですな。

 

んで未来ちゃんとイケチンは、目出度く手打ちになったわけですが、また波乱がっ!。この作品の影の主人公でもあるぐるぐるメガネの女の子が暗躍するのでありますぅ。

 

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第10回) pdf版 ■

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第10回) テキスト版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■