お待ちかね、小説ジャンル越境作家、仙田学さんの新連載小説『ツルツルちゃん 2』(第09回)をアップしましたぁ。『第四章 ジュニアとコラコラ問答(上)』篇です。未来ちゃんとイケチンの、嵐を呼ぶプロレス対決が始まるやうです。

 

「ふうん。おっかしいなあ。ドーランはDiol、アイシャドウはChannel、口紅はBulcaliなんだけどなあ」

「なにっ」

池王子は目を剥いた。

「おれとまったく同じブランドじゃねえか。ありえねえ。なんでここまで不細工になれんだよ」

「素材の違いなんだろ」

「それにも限度がある。うおお……」

頭を抱えて座りこむ池王子の前で、おれは肩をすくめてみせる。

「だよな? ってことはやっぱ、化粧品の問題かあ。こんなの使ってちゃダメだよなあ」

「待て待て、そんなはずはねえ。なんかが狂ってる……よしっ」

勢いよく立ちあがると、池王子は便所の床を叩いた手でおれの両肩を掴んできた。

(仙田学『ツルツルちゃん 2』)

 

誰にでも弱点はあるやうで、イケチン君の弱点は、鏡依存症と飽くなき美の追究のやうです。でも美少女・未来ちゃんは、自分の美しさにじゅうぶん自覚的でありながら、強さを指向してるんだなぁ。前回『ツルツルちゃん』はぐるぐる小説だと書きましたが、〝君の名は〟(古っ!)小説でもあるんだなぁ。すれ違い小説でもありますぅ。

 

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第09回) pdf版 ■

 

仙田学 連載小説 『ツルツルちゃん 2』(第09回) テキスト版 ■

 

 

第04金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項

第04回 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)応募要項です。詳細は以下のイラストをクリックしてご確認ください。

第04回募集要項_cover_01

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■