家を看取る日_No.015_cover_01その家は今から90年以上も前、大阪の外れに建てられた。以来、曾祖父から祖父、父へと代々受け継がれてきたのだが……39歳になった四代目の僕は、東京で新たな家庭を築いている。伝統のバトンを繋ぐべきか、アンカーとして家を看取るべきか。東京と大阪を行き来して描く、郷里の実家を巡る物語。

by 山田隆道

 

 

 

 

ƒvƒŠƒ“ƒg横書きでもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。

 

 

* 『家を看取る日』は毎月22日に更新されます。

 

 

 

 

■ 山田隆道さんの本 ■

虎がにじんだ夕暮れ 神童チェリー (メディアワークス文庫)

 

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■