長岡しおりさんの文芸誌時評『No.018 小説すばる 2016年03月号』をアップしましたぁ。映画『エヴェレスト 神々の山嶺』が現在絶賛公開中です。岡田准一、阿部寛さんのw主演で、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、佐々木蔵之介さんらが出演しておられます。原作は文学金魚でインタビューさせていただいた夢枕獏先生です。獏先生の『神々の山嶺』は文句なしの傑作です。第11回柴田錬三郎賞受賞作品でもあります。元々『小説すばる』掲載小説ですが、長岡さんは『小説すばる』掲載の獏先生と岡田准一さんの対談を取り上げておられます。

 

長岡さんは、『『神々の山嶺』は他の作品とは質が違う傑作である。つまり、他の作品が傑作ではないのではなくて、傑作として質が違う。(中略)では純文学か、と言うと、いわゆる制度的な純文学、私小説の系譜のものではない。(中略)『神々の山嶺』が純文学とエンタテイメントの枠を超えて傑作なのは、およそ文学が本来的に抱えるべき、絶対的なテーマを完全に表現しているということに尽きる。そのテーマとは、人間を超えたもの、人智のおよばぬものである。ここではそれは岩の塊、いつ頭上に落ちてきて、我々を無言で押しつぶすかも知れぬものとして示される。人智がおよばぬ、理解不能なのだから〝神々の〟と呼ぶしかない』と批評しておられます。石川も同感ですぅ。

 

獏先生には観念的な頂点のやうなものがあるんだなぁ。それはデビュー作『カエルの死』からはっきり現れていたように思います。『カエルの死』はタイポグラフィを使用した詩集なのですが、詩本来の観念ベクトルがあり、かついわゆる詩的なもののコードから外れている独自の表現でもあります。石川が読んだ中で、詩が一番優れている小説家は獏先生です。獏先生には『岩村賢治詩集 蒼黒いけもの』もあります。まだ見に行ってないですが、『エヴェレスト 神々の山嶺』、楽しみであります。スチールを見てると、岡田准一さんも阿部寛さんも、現地のシェルパっぽく写ってるなぁ(爆)。

 

 

長岡しおり 文芸誌時評『No.018 小説すばる 2016年03月号』 ■

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)