寅間心閑さんの『Ongaku & Bungaku by Kingyo』『No.026 キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿(In The Court Of The Crimson King)』』をアップしましたぁ。デビューアルバムの『クリムゾン・キングの宮殿』は1969年発売で、ポップス界はビートルズ解散で騒然としていました。石川は当時のことはリアルタイムで知りませんが、『クリムゾン・キングの宮殿』を聴いた人は『時代は変わったなぁ』と思ったでせうね。

 

キング・クリムゾンといふバンドはギタリストのロバート・フィリップが中心です。この方、やっぱ変わり者らしひ。ギターは耳コピがいいか、先生に習う方がいいかと聞かれて、『絶対習った方が無駄がない』とフィリップが答えているインタビューを読んだことがあります。でもギター教室で弾き方を習った人が、どーしてキング・クリムゾンのやうな音が出せるんでせうねぇ。石川は最初にキング・クリムゾンを聞いた時、ギターの音を聞き分けるのにだいぶ苦労しました。全然エレキギターっぽくない音なんですねぇ。

 

寅間さんはアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を、同時代の他のミュージシャンの音楽を紹介しながら批評しておられます。このあたりに寅間さんの書き手の性格が出ているでせうね。〝I Talk To The Wind〟といふ曲について寅間さんは、『昭和40年代のカラー映像に顕著な粒子の粗さ。どちらにもそれが音として表出している』、『イントロで流れるフルートの音色は、まったく「牧歌的」ではなく、都会に潜む不安や恐怖を連想させる「寂寥感」に満ちています』と批評しておられます。

 

キング・クリムゾンはプログレッシブ・ロックの祖だと言われます。プログレッシブ・ロック・バンドは皆超絶技巧のミュージシャンバンドでしたが、不安や不快を心地良いポップスにしてヒットさせたのはキング・クリムゾンが初めてでせうね。それは寅間さんが書いておられるように『昭和40年代のカラー映像に顕著な粒子の粗さ』を感じさせます。新しい希望に満ちた時代が始まったはずなのに、1970年代はなんだか暗かったですね。

 

 

寅間心閑 『Ongaku & Bungaku by Kingyo』『No.026 キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿(In The Court Of The Crimson King)』』 ■

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)