山田隆道さんの連載小説『家を看取る日』(第13回)をアップしましたぁ。今回から話者が奥さんの亜由美になります。山田さんの『家を看取る日』は、1人称2視点小説なのであります。ただ一つであるはずの現実世界を、2人の人間の視点(心象)から捉える小説の書き方です。ほんで現実といふものは、見る人によって実に曖昧なものです。様々な形で行動や発言が解釈できてしまふ。

 

 私はガレージに向かう新一を呼び止めた。

 「ねえ、どこ行くの?」

 「ちょっと挨拶回り」新一は小声で答える。

 「もしかして、お義父さんの会社関係?」

 「ちゃうちゃう。まだ正式には決まってへんし」

 「そうだよね……」

 すると、前方から義父の声が聞こえた。「はよせい!」義父の険しい顔を見た途端、新一は焦ったような顔で「はい!」と返事をして小走りする。

 その瞬間、私は思わず目をつむった。小さく息を吐く。

 また手のひらがかゆくなってきた。たまらず爪でかきむしると、手のひらの皮がずるずる剥けていく感触があった。かゆみが痛みに変わっていく。

 

父親の葬儀会社を継ぐのは、新一にとっては子どもの学費を捻出するための苦渋の選択ですが、それが妻の亜由美さんにとっては、新一が節を折ったように見えてしまふ。捉え方によっては〝目出度し〟といふ選択なのですが、新一・亜由美夫婦にとってはそうはなっておりません。そこに夫婦の機微といふものがあり、家といふものの難しさが潜んでおります。いずれにせよ栗山家、そーとーな危機でふ。『家を看取る日』から目が離せなくなってまいりました。

 

 

■ 金魚屋新人賞(辻原登小説奨励賞・文学金魚奨励賞共通)は3月31日〆切です ■

金魚屋では21世紀の文学界を担う新たな才能を求めています。

小説はもちろん短歌・俳句・自由詩などの詩のジャンル、あるいは文芸評論などで、思う存分、新たな世界観、文学観を表現したい意欲的作家の皆様の作品をお待ちしております。

応募要項_01_cover (500dpi)

 
山田隆道 連載小説 『家を看取る日』(第13回) pdf版 ■

 

山田隆道 連載小説 『家を看取る日』(第13回) テキスト版 ■