日本が誇る世界的特殊作家、三浦俊彦さんの連載小説『偏態パズル』(第71回)をアップしましたぁ。今回は印南哲治さんがある覗き魔に対して行った告白調書です。けっこうシリアスでハラハラする内容になっております。三浦センセのおろち学は奥が深いなぁ(爆)。

 

 それにしても中心と周縁の反転かよ……。

 まあんなんとも懐かしくも杜撰な。

 なんとまあ懐かしくも杜撰なポストモダン口調を改めていじくりまわすまでもない、半ば本能的な倒錯だったんだな。

 空なる恍惚、ってか。

 こんなメタ覗き境地に達しかけてた君だからこそ、ついにほれ、現場を。

 ついにほれ、現場を押さえられちゃったあのときには――

 あのときには――

 君にもついに訪れたへまな瞬間、

 あのときには――

 

覗きにはやっぱ、露見といふ要素が必要なのですな。三浦センセ、当たり前のやうに覗きの露見についても書いておられます。偉いな~(爆)。このハラハラする調書は次回に続く(かもしれません)ですぅ。

 

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第71回) pdf版 ■

 

三浦俊彦 連載小説 『偏態パズル』(第71回) テキスト版 ■