今月1日にアップした『金魚詩壇 討議&インタビュー No.006 安井浩司 永田耕衣を語る』の関連コンテンツを今日からアップしていきます。永田耕衣さんは明治33年(1900年)生まれで平成9年(1997年)に97歳でお亡くなりになった俳人です。安井浩司さんの俳句の師でもあります。耕衣さんの句は『而今(にこん)』、『只今(しこん)』の二冊にまとめられていますが(最近合本も出ました)、鶴山裕司さんにこの2冊から100句を選んでもらいました。今回は耕衣前期句集『而今(にこん)』より100句です。

 

夢の世に葱を作りて寂しさよ

恋猫の恋する猫で押し通す

かたつむりつるめば肉の食い入るや

朝顔や百たび訪はば母死なむ

うつうつと最高を行く揚羽蝶

店の柿減らず老母へ買ひたるに

母死ねば今着給へる冬着欲し

母の死や枝の先まで梅の花

夏蜜柑いづこも遠く思はるる

いづかたも水行く途中春の暮

 

耕衣さんの中期句集『驢鳴集』収録の句です。驚くほどの名句揃いですね。戦後にいわゆる〝名句〟を一番数多く書き残したのは耕衣さんかもしれません。じっくりお楽しみください。

 

 

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.001 永田耕衣俳句集成『而今』(前期句集)より百句 鶴山裕司 選(PDF版) ■

 

【安井浩司 永田耕衣インタビュー関連論考】No.001 永田耕衣俳句集成『而今』(前期句集)より百句 鶴山裕司 選(テキスト版) ■