B&S_038_01

 

 

 浮舟を宇治に置きっぱなしにしたまま、薫はいつものごとくのんびり構えていますが、それでも京に迎える家の準備を進めています。中姫は、匂宮に恨まれながらも、義母妹であり薫の妻となるはずの浮舟の身元を明かしません。妻として嫉妬深さのゆえを装うほかないのです。

 

 ところがある日、気の利いたふうで出過ぎた童が、浮舟から中姫への手紙を匂宮の前で取り次いでしまいます。薫から中姫への恋文では、と疑った匂宮は取り上げて読み、浮舟が薫の想い人として宇治にいることを察知します。

 

 匂宮は、薫宅の事情に通じた大内記に案内させ、宇治へ微行します。部屋を覗くと、女房らが姫に話しかけています。「薫の愛が深ければ、中姫に負けないぐらい幸せになる」とか。浮舟は、中姫に張り合うような物言いをたしなめます。中姫によく似ているが、どんな親戚なのだろう、と匂宮は考えます。

 

 皆が寝静まった頃、匂宮は部屋へ入り込みます。薫の声音を使って、道中で災難にあい、汚れた格好をしているからと灯を遠ざけさせると、女房の右近はすっかり薫だと思い込みます。浮舟は薫ではないと気づきますが、声も出させません。中姫がどう思うだろうかとひどく泣く浮舟です。

 

 匂宮もまた、これからそう簡単には逢えるまいと泣き、名残惜しさに京に帰ろうとしません。女房の右近は自らの過失に気も遠くなりますが、他の女房たちには事態を隠します。浮舟の母と石山寺への参詣する日でしたが、その迎えの者も断るしかありません。

 

 冷静な薫を見慣れている浮舟は、匂宮の激しい情熱にほだされます。ただ、誰の娘かという素性は明かそうとしません。二人で一日、仲むつまじく過ごします。実際のところ、浮舟は中姫に比べるとやはり見劣っているのです。が、夢中になっている匂宮の目にはこの上ない美女に映ります。浮舟は薫をこの上ないと思っていたのですが、こまやかに輝かしい匂宮の姿はそれに優ると思われます。

 

 翌朝、明石中宮も夕霧大臣も、匂宮がいなくなって不機嫌でいらっしゃいます、と急かされ、仕方なく帰途につきます。昔、最初に薫に案内されて来たことを思い出され、薫に申し訳ない気持ちとともに、不思議な縁のある宇治の山里だと思われるのです。

 

 京に帰った匂宮は、秘密を教えてくれなかった中姫を恨む心から、自分のしたことは隠したまま、あたかも薫と中姫との仲を本気で疑っているかのように責めます。

 

 明石中宮から、顔を見せるようにと手紙が届きます。物思いが過ぎるのか、本当に病気めいた気分の匂宮ですが、薫も見舞いに訪れます。薫の立派な様子に、自身と比べてどのように見ることだろうと、匂宮の想いは浮舟を離れません。なんとか逢いに行きたいものと思っても、ご身分柄とうていかなわぬことです。

 

 薫はまた、公務の暇に宇治を訪ねます。薫への罪の意識に、会わせる顔がないと思う浮舟です。一方で、「今まで愛してきた人たちを皆捨てても」と言われた匂宮が寝込んでいて、本当に人を寄せつけずに御修法ばかりおさせになっていると聞き、自分が薫と夫婦らしく振舞うのは匂宮に申し訳ないとも感じます。

 

 薫は長く来られなかった言い訳をするのもあれこれと述べたてることなく、ただ自然と信頼されるのです。匂宮の激しい情熱に心惹かれても所詮は一時のこと。それを知れば薫は真底から嘆くだろう。薫に侮蔑され、その愛を失ったときの痛手はただならぬことだろう、などと浮舟は煩悶します。その悩ましいあり様が、以前よりずっと情けを知る女性に成熟したように映り、薫はいつもより心をこめて語られます。

 

 造らせている家がもうすぐできそうだという薫の言葉に、匂宮も同じようなことを言われたと思い、浮舟は泣きます。それをなだめるのに、薫は端近いところに伏し、二人で夕月夜を眺めます。薫は大姫を思い出し、浮舟は匂宮を想いと、二人離ればなれの物思いにふけるのです。

 

 それでも恋しい大姫に似た人が、このように物思わしげに涙をこぼし、都の女らしく洗練されていく様子は今までになく離れがたい。宇治橋にまつわる歌を詠み交わすと、このまましばらく逗留したいと思います。しかし人目を気にする薫は、やはり早朝には立ち去ります。こういった冷静さが匂宮と違い、ちょっと物足りない気がしますね。

 

 ここまでのところで、匂宮と中姫もすれ違った思いを持ち、薫と浮舟もまた、互いの真意から睦み合っているわけではない。ただ、匂宮と浮舟の逢瀬は短く、それゆえ激しい情熱に彩られている。ただそれが一瞬のはかない閃光にすぎないことを浮舟は承知しているのです。薫もまた、中姫への忠誠を忘れず、心をこめた付き合いを欠かしません。中姫はその真心を受け取り、浮気な匂宮と比較して、もし自分が姉の言う通りに薫と結婚していたらと思わないでもない。身から出た錆とはいえ、匂宮の嫉妬は単なる言いがかりと切って捨てることもできないのです。

 

B&S_038_02

 

 二月に宮中で詩会が催されます。匂宮の美声は多くの人に感銘を与えます。急に雪が激しく降り出し、詩会は予定より早くお開きになります。

 

 匂宮の宿直所に皆が集まり、夕食など召し上がります。薫は誰かに何か命じようとして端近くに出られ、降り積もった雪が星明かりにほのめいている様子に、「衣かたしきこよひもや(われを待つらむ宇治の橋姫)」と口ずさみます。それを耳にした匂宮の心はまた騒ぐのです。これほどの人を元からの恋人として待つ浮舟に、自分をよりいっそう愛させることがどうしてできるものだろうか、と妬ましく思われます。

 

 翌朝、創作の詩文を御前にお持ちになる匂宮も薫も、今を盛りに美しいのです。とりわけ匂宮の詩が傑作として褒め称えられますが、格別嬉しくも思われません。どんなつもりで詩作などできたものかとぼんやりしておいでになります。

 

 薫の様子に刺激されて、匂宮は雪の中を宇治に向かいます。そんな天候をおして来られたことで、浮舟も女房も感激します。右近もまた面倒なことになったと思いつつも、その情熱には動かされ、もう一人の別の女房に事情を話して手引きを手伝わせます。

 

 夜のうちに帰る辛さを思うと来ないほうがましなぐらいで、かといってそこに留まるには人目が憚られます。匂宮は川向こうの家を手配すると、慌てる女房らを尻目に、浮舟を抱いて出て行ってしまいます。頼りない小舟に姫を乗せ、有明の月に澄んだ水面、美しい姫という思わぬ宇治川の趣きが素晴らしいのです。

 

年経とも変はらむものか橘の

小嶋の崎に契るこころは

 

橘の小嶋の色は変はらじを

この浮舟ぞ行方知られぬ

 

 対岸に着きますと、姫を他の者に抱かせるのが辛いので、匂宮が自らお抱きになり、他の者に支えられながら上がられるのです。いったいどんな姫のために、そんな見苦しい大騒ぎをされるのかと従者たちが見ます。家はまだ手入れも行き届いておらず、匂宮が初めて御覧になる網代屏風などという、荒々しいものが置いてあるのです。

 

 人目を忍ぶ道中で、匂宮も軽装です。浮舟は上着を脱がされていますので、白い衣を重ねただけの略装がほっそりした身体つきをみせて魅力的です。気の張らないところで、二人だけで打ち解けて過ごします。匂宮は、薫が正妻を大事にしているなどと言い、あの「宇治の橋姫」を口ずさんだことは話しません。薫に嫉妬してあからさまに愛を求め、誓わせようとする匂宮は、若い浮舟の心を捉えて放さないのです。

 

 匂宮は、女房の美しい衣を取って浮舟に着せ、手水を使う世話をさせるなどします。また浮舟を姉の女一の宮の女房にしたら、さぞ重用されるだろうと考えます。その上で関係を続ければよい、と思われているのですね。

 

 宇治で二日間を過ごした匂宮は、京へ帰りますと、無理がたたったのか寝込んでしまいます。一方で、薫は浮舟を迎える準備を進めています。周囲が喜ぶ中、浮舟はやはり匂宮の激しい情熱が忘れられません。

 

 薫は正妻の女二の宮にもことわりを入れ、浮舟を人目につかぬよう新邸に移そうとします。が、その世話を、人もあろうに匂宮を宇治に手引きした大内記の妻の親に頼んでしまいます。薫の動きは筒抜けとなり、焦った匂宮は自身も邸宅を用意しようとしますが、なかなか上手く運ばないのです。

 

 浮舟は思い悩んで伏せっています。匂宮をすっぱり諦め、このまま忘れられてしまうことには堪えられないようです。しかしもし自分が匂宮のもとへ逃げたら母や女房たちはどれほど悲しむだろう、異母姉の中姫もどう思うか、また最初の恋人であり、立派な人格者である薫に見切られては恥ずかしくて生きてはいけない。

 

 その側で浮舟の母が弁の尼と、あれこれしゃべっているのが聞こえてきます。匂宮がいかに多情か、その手がついた女房たちが中姫の気を損ねまいと気を揉んでいるという噂話で、浮舟の母は、「薫の正妻は他人だけれど、匂宮の妻である中姫は浮舟の異母姉なので、もし万一そんなことになったら申し訳なく、母娘の縁を切らざるを得ない」などと言います。

 

 何も知らない母の言葉に、とどろく流れの音が響いている宇治川に入水してしまおうと浮舟は考えます。死ねば一時は母も悲しむだろうが、生き恥をさらし続けるよりは救われるだろう、と。

 

 浮舟の具合が悪いと聞き、薫はたびたび手紙をやります。それを届けにきた薫の随身が、大内記のところの者と出くわします。来た理由を問いただすと、答えがころころ変わるので腑に落ちず、跡を尾けさせると匂宮邸に入っていったのが確かめられた。

 

 報告を聞いた薫は、随身のよく気の回ることに感心するとともに、内裏で匂宮が大内記から手紙を受け取り、女からのものらしいそれを読みふけっていたことを思い出します。あれこれと思い合わせて、事実を察知した薫は、自分は中姫には手出しをしていないのに、と不快に思います。浮気なところがある女である、いっそ譲ってしまおうかと考えますが、正妻にするつもりの女に裏切られたわけでもなし、いなくなっても寂しいし、などと千々に思い乱れるのです。

 

 薫は、もし自分が浮舟を棄てれば、匂宮は結局、女一の宮の女房にするなどして彼女の面目をつぶすだろう、ということまで推測しています。そんなふうになるのを見るに忍びない、とも。

 

波越ゆるころとも知らず末の松

待つらむとのみ思いけるかな

 

 物笑いにならないように、と浮舟に書いてやります。浮舟は動揺しますが、「お手紙の宛先が違うようです。気分が悪くて、お返事もかないません」と書き添え、その手紙を薫に返します。意外と気の利いた言い逃れをするものだと、薫は思わず微笑みます。

 

 女房の右近は勝手に手紙を読み、薫にばれてしまったことを知っています。右近は自身の姉が二人の男と通じ、最初の男が嫉妬のあまり後からきた男を殺してしまったという話をします。何でもいいからどちらかに決めてしまえ、そんなに煩悶するぐらいなら、匂宮が好きならそれでいいではないかと、二人の女房は浮舟に言い聞かせます。匂宮は人目を気にして家来もろくに付けずにやってくるのだし、薫の荘園の用を果たす内舎人に連なる乱暴者らが何かしかけるかもしれない、とも言うのです。

 

 二人の女房はすでに浮舟の心が匂宮にあると決めてかかっているふうで、恥ずかしく思われます。自分はどちらとも決めかねている、ただ匂宮の思わぬ激しさに感銘を受けてはいるが、夫であると長年思ってきた薫を思い切れないから悩んでいるのだ、と。

 

 実際、その内舎人がやってきて山荘への人の出入りを問いただすものですから、自身の身の上もこれまでと思っているところに、匂宮からもしつこく言ってきます。どちらに身を寄せてもただでは済みそうにない、と浮舟は死を覚悟します。子供っぽく鷹揚で頼りないながら、世の中への見識もないゆえに、そんな思い切ったことを考えたようです。後で人目については困るような恋文などを少しずつ処分しますと、女房が見とがめます。

 

 「三月二十八日に新宅の用意ができるので、迎えに行く」と匂宮から手紙が届きます。来ても逢わずに帰さねばならないと思うと、浮舟はひどく泣きます。「自分たちが連れ出してあげるから」と女房の右近は慰めるのですが、「そうしたいがために泣いていると思われるのが辛い」と、浮舟は手紙の返事も書きません。

 

 確かに自分を愛していた様子の浮舟から返事が来ないことに焦れて、匂宮は宇治へやってきます。しかし薫の手配した警備が厳しく、女房らは同情しつつも断らざるを得ません。匂宮が帰ると、浮舟は悲しくてならず、宮が描いた絵を眺め、美しかった手やお顔を思い出します。死んだ後のことを考えると、薫も母も中姫も、また義父や醜い兄妹たちすら恋しく思われます。

 

 匂宮からはたいそうな恨みを述べた手紙が来ます。それへの返事も死後に読まれるものと思うと、思うように書くことはできません。

 

からをだに憂き世の中にとどめずは

いずこをはかと君も恨みむ

 

 とだけ書いて出します。薫にも遺書を残したいと思われますが、あちらにもこちらにもというのも軽薄であるし、もしも二人の殿が聞き合わせることがあっては、とはばかります。

 

 京の母から手紙が来て、不吉な夢を見た、とあります。それが悲しくて、言いたいことはたくさんありましたが、ただ、

 

後にまたあひ見むことを思はなむ

この世の夢に心惑はで

 

鐘の音の絶ゆる響きに音を添へて

わが世尽きぬと君に伝へよ

 

 とだけ書きます。何も知らず、湯漬けを食べさせようとする乳母がひどく歳とった様子であるのに、自分が死んだらどうするのだろう、と思います。女房の右近が来て、寝仕度をしながら、「あまり物思いをすると、魂が身体を離れていくとそうですから、母君の夢見も悪いのでしょう。どちらにでもお決めになれば」と言います。浮舟は、萎えた衣に顔を押し当てて伏せっておられた、とか。

 

 ここまでが「浮舟」の巻です。二人の貴公子に想われた浮舟が、自死を決意する。そのように知られた物語ですが、見てきたように、そんなにきれいで単純な話でもないですね。

 

 まずここでの二人の貴公子は、憧れの的である姫を奪い合う初心な若者、というわけではない。年齢は二十代ではありますが、すでに正妻がある。つまり妻帯者です。こう申しては何ですが、銀座の売れっ子ホステスを奪い合う企業オーナーの小父さん二人、といったところでしょうか。そうすると今の感覚から、それが死ぬほどのことなのだろうか、という疑問がある。

 

 実際、それは著者も踏まえた上で物語を進めています。まず薫にすれば、浮舟は当初から大姫の人型である。誠実な人柄の薫は、それを慰み者にするという意識はないけれど、匂宮に手を出された悔しさを抑えるにあたっては、「どうせ正妻にするつもりの者ではない」と自らに言い聞かせています。そもそも最初から、大きな身分差のある彼女への恋慕を恥じ、人目をはばかるのを忘れたことはありません。

 

 それに対して匂宮の激しい情熱は浮舟をも夢中にさせるものですが、その愛は文中にある通り、女房の衣をとって着せ、自分の世話をさせるといったもので、所詮は女房扱いです。今までも気に入った女房の実家にまで押しかけていっていた、という匂宮の軽薄さの一端が見えるに過ぎないのでしょう。その辺りは薫が考えている通りです。匂宮はいつものごとく薫に張り合い、彼のものを欲しがっているだけです。

 

 けれども、それに気づかぬ浮舟が思い上がり、匂宮の愛に期待したということではないのは明白ですね。浮舟もまた、匂宮の情熱は、薫の思慮深さに比べて実がなく、長く頼れるものではないことは百も承知しています。しかし、それではなぜ、そんな匂宮に惹かれるのでしょう。

 

 浮舟は、薫と匂宮の関係を知りません。匂宮の情熱が、まさに薫の女だからそれに向けられている、ということはわかっていません。それでも匂宮という男が当てにならないことは感じている。「なぜ、こんなにまで」とその情熱に感動する、ということは同時に、「こんなにまで執着する理由が見あたらない」ということでもあります。理由はわからないが、一過性のものであることは察知できるのです。

 

 とりたてて賢い女でなくても、そのぐらいのことはわかる、ということなら、薫の愛についてもそれがどこから湧いてきたもので、どの程度のものかということも、少なくとも無意識に値踏みしているのではないか。

 

 冷静で思慮深い愛、と言えばそうですが、薫はやはり身分差から人目をはばかっています。それは無用の摩擦を避けるためのもので、浮舟を永く大事にしようという意図があるとも言えますが、それが大姫の人型であるから、という明確な理由がある。理由がある分、関係が長続きする担保もあるわけですが、それはつまり、その担保の量に見合う愛情でしかない。

 

 そんなことに文句を言うべきではないのだ、と誰もが承知しています。浮舟を人型として差し上げた中姫が「妥当である」と判断されたことなのです。前に述べたように、薫の無限の愛の対象である大姫もまた、仏の人型に過ぎないのですから。

 

 現世での愛というものは所詮、絶対的なものではない、という著者の思想がある以上、浮舟に対する薫の愛も、匂宮の愛も、ある意味で大差はない。それ自体に私たちは絶望するし、浮舟もまたそうでしょう。ならば、いずれ帝となる宮に激しく情熱を傾けられた一瞬、その宮がどんな男よりも魅力的に映ったのなら、その忘れがたい永遠の瞬間が絶対的なものとしてある女の人生を決定づけたところで、「軽薄」とか「考えなし」とか言われる筋合いはないのではないか。

 

 そのような「ある女」を生み出す大きな要素は、やはり身分差です。浮舟のような身分の女にとっては、薫の愛と匂宮の愛を同時に受けることは、あり得ない僥倖です。そのために起きる摩擦に怯えようとも、それ自体は夢そのものです。そして浮舟の母が常に娘を引き比べる中姫と、一瞬であれ同列に並ぶことでもある。若君を生み、匂宮の最愛の寵姫ではありますが、中姫も正妻というわけではないのです。もちろん浮舟母娘は中姫と張り合う気持ちを打ち消していますが、しかし中姫は浮舟の母にとって理想です。もちろん浮舟がこのまま匂宮との関係を続ければ、いずれ女房の身分に身を落とす。八の宮の女房であったがゆえに、情人として認められもしなかった浮舟の母と同じことになるのです。

 

 薫の愛も匂宮の愛も現世のものである以上、十全でも純粋でもない。が、だからこそこの一瞬がすべて、ということはある。薫と匂宮が自分の身分や立場を失わずに愛を全うしようとするのと同様に、浮舟を含めた誰もが、自分の手に入れたものを失うべきではない、と思う。その多くを生き残った者たちに手渡すためにも。浮舟は、たまたまであっても自分が得た運命を、可能なかぎり十全な形で母に残そうとしたのではないか。身分差のために生涯悩み、悔しい思いをしてきた母に。

 

 浮舟は源氏物語の最後の女性であり、非常に重要な登場人物です。それにも関わらず、著者の筆は彼女への幻想を許さず、尊敬も感じられません。女房たちはずけずけ意見し、その物言いが物語の中で幅をきかせていますし、母君との石山参りが流れたのも浮舟本人の「穢れ(月経)」のためと言い訳され、魅力的とはいえ上着を脱いだ露わな姿を匂宮の前にさらしています。その美しさも中姫には劣るし、身分柄、教養も見識も欠けている、とはっきり書かれています。しかし、そんな女性だからこそ「死を選ぶ」といった思い切った行為に出る。源氏物語の女性たちの多くが、空蝉も藤壺も、追い詰められてもせいぜい「出家」しただけであるにもかかわらず。

 

 表向きはそうだと書いてあっても、浮舟という女性が死を選ぼうとしたのは、決して身分からくる不見識からではないはずです。浮舟は私たちに似ています。身分は高くなく、だからこそその思考は教養的ではなくて原理的です。彼女は内面を生じさせ、私たちと同様に絶対的なもの、永遠なる一瞬を求めます。自分の身の振り方を自分で決めるよう迫られ、実際に決定し、行動する。さらにそれが物語のプロットそのものを大きく動かすという意味で、浮舟とは源氏物語で唯一の近代的な「女主人公」なのです。

 

B&S_038_03

 

(第39回・了)

小原眞紀子

 

 

 

 

湿気に関する私信_販売

 

 

■ 予測できない天災に備えておきませうね ■