小松剛生さんの荒木経惟論『アラーキーとカンチェラーラ』をアップしました。小松さんらしいショートショート小説風の荒木論になっております。んで東京の表参道ヒルズで開催されていた「男-アラーキー裸ノ顔-」展は昨日で終わってしまひましたが、また新しい展覧会が開催されます。以下、簡単な情報です。

 

荒木経惟写真展

会期:2015年5月25日(月)~ 6月20日(土)

会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

    東京都江東区清澄1-3-2 5F

 

タカ・イシイギャラリーで開催される22回目の荒木さんの個展です。荒木さんのお誕生日は5月25日なのですが、このところ毎年お誕生日個展とでもいうべき写真展をタカ・イシイギャラリーで開催しておられます。

 

不肖・石川も何度か見に行ったことがありますが、タカ・イシイギャラリーでの荒木さんはやりたい放題でありまふ(爆)。よーするにとぉっても面白い。タカ・イシイギャラリーは倉庫街のギャラリーですから、展示スペースも十分で迫力のある写真が展示されることと思います。荒木さんの個展をまだご覧になっていない方は、是非、足をお運びになってみてください。写真展がすんごく面白いものだといふことがおわかりになると思います。またタカ・イシイギャラリーでは、今回の展覧会のカタログも販売されるそうです。文学金魚でも是非この展覧会の様子を取り上げたいと思ひますぅ。

 

 

小松剛生 荒木経惟論『アラーキーとカンチェラーラ』 ■