多摩川左岸_01_cover二十八歳の貴志は、多摩川に近い私鉄沿線の古ぼけたアパートで、二十五歳の由美と同棲していた。不眠症で悩む貴志がまれに訪れる眠りに身体を委ねていた土曜日の朝に、由美が「お買い物いってくるからね」と言い残して出かけたまま、交通事故にあって帰らぬ人になってしまう。不意に訪れた悲劇でささやかだが平穏な日常を奪われた、主人公の苦悩と愛を描くラブストーリー。

by 外賀伊織

 

 

 

 

■ pdf の操作方法 ■

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

 

テキストで読むテキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。

 

 

 

 

* 『多摩川左岸』は毎月月末(30日か31日)に更新されます。