贋作_001_001骨董に興味を持ち始めた私は、西麻布にある小さな骨董屋の店主と知り合いになる。店主が持っている勾玉の噂を聞きつけて買いに来た客との会話を、聞くともなく聞いていた私は、「一種の預かり」だから売れないという店主の言葉に興味を抱く。客が帰った後に、おそるおそるその理由を聞いた私に、店主は勾玉を巡る不思議な物語を話し始めた。古美術と男と女を巡る長編サスペンスロマン。

by 露津まりい

 

 

■ pdf の操作方法 ■

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

 

テキストで読むテキスト形式でもお読みいただけます。左のボタンをクリックしてファイルを表示させてください。

 

 

 

 

* 『贋物師-フェイク・マスター』は毎月20日に更新されます。